ニュース
» 2008年08月12日 15時45分 UPDATE

Eee PC、Aspire oneで動作確認済み:ロジテック、ワンセグ録画ソフトをNetbookに最適化するアップデータ

ロジテックはUSBワンセグチューナー3製品の視聴・録画ソフトをアップデートした。操作系をNetbookに最適化し、ダビング10に対応している。

[ITmedia]
tm_0808logi01.jpg 写真は3Dサラウンド機能搭載モデル「LDT-1S303U」

 ロジテックは8月11日、USB接続のワンセグチューナー「LDT-1S303U」「LDT-1S301U」「LDT-1S30X4U」に対応したワンセグ視聴・録画ソフト「らくデジビュー」のアップデータ(Ver 1.0.5.0)を同社Webサイトにて公開した。

 アップデータの特徴は、UMPCやNetbookに操作系を最適化したことだ。液晶ディスプレイの解像度が低い環境でも快適に操作できるように、設定ウィンドウを800×480ドットに最適化している。また、ほぼすべての機能をキーボードショートカットで操作できるほか、タイマー予約でのスタンバイからの復帰、終了後の自動シャットダウンが可能だ。アップデータは、ASUSの「Eee PC 4G-X」「Eee PC 901-X」、日本エイサーの「Aspire one」で動作確認済みとなっている。

 そのほか、録画した番組のメモリースティックへのムーブやダビング10に対応した。メモリースティックにムーブした映像は、プレイステーション・ポータブルやプレイステーション 3で再生できる。なお、LDT-1S301Uにアップデータを適用する場合、あらかじめ「LDT-1S301U専用有償アップデータ(LSL-011)」の購入が必要だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう