ニュース
» 2008年08月19日 11時00分 UPDATE

2008年PC秋冬モデル:スペックの底上げで使いやすさをアップ――「LaVie L アドバンストタイプ」

NECの主力ノートPC「LaVie L」シリーズで最上位に位置する「LaVie L アドバンストタイプ」の新モデルは、基本仕様の強化がポイントだ。

[ITmedia]

ラインアップを絞りスペックを強化

ht_0808nla01.jpg 従来モデルを継承した「LaVie L LL750/RG」

 NECのスタンダードPC「LaVie L」シリーズで、フルモデルチェンジを果たした「LaVie L スタンダードタイプ」の上位モデルとなるのが「LaVie L アドバンストタイプ」だ。今回登場した秋冬モデルでは、従来の2モデルから1モデルにラインアップが絞り込まれた。

 これまでの夏モデルでは、内蔵Webカメラの有無、HDDの回転数や無線LANや液晶ディスプレイの仕様で差別化されていたが、このうち下位の「LL750/MG」をベースに基本スペックを底上げしたのが新モデル「LL750/RG」だ。具体的な強化点は、HDD容量が160Gバイト(5400rpm)から250Gバイト(5400rpm)に、無線LANがIEEE802.11a/b/gからドラフト2.0対応のa/b/g/nとなり、新たにチルトホイールをサポートしたレーザーミニマウスが付属する。細かいところでは、2Gバイトのメインメモリが1Gバイト×2から2Gバイトのモジュール1枚での提供となった。デュアルチャネル動作ではなくなったのでパフォーマンスは若干低下するが、メモリスロットが標準で1基空いており、増設時の柔軟性が増している。

 グラデーションカラーを取り入れたボディをはじめ、1280×800ドット表示に対応した15.4型ワイド光沢液晶ディスプレイ(スーパーシャインビューEX)、Core 2 Duo T8100(2.1GHz/2次キャッシュ3Mバイト)のCPUやグラフィックス機能統合型のIntel GM965 Expressチップセット、オフィススイートのOffice Personal 2007 (SP1)などは、夏モデルを継承する。ボディサイズは362(幅)×266(奥行き)×38.1〜39.8(厚さ)ミリ、重量は約2.9キロと変わりないが、バッテリー駆動時間は約1.2時間から約1.3時間に延びた。

 発売は8月下旬からの予定で、実売予想価格は17万5000円前後だ。なお、直販のNEC Directで用意される「LaVie G タイプL アドバンスト」では、液晶ディスプレイを1440×900ドット表示のスーパーシャインビューEX3液晶/1280×800ドット表示のスーパーシャインビューEX2液晶にしたり、メモリを最大4Gバイトに増設したり、Intel Turbo MemoryやWebカメラの追加したりといったBTOに対応したカスタマイズモデルを購入可能だ。

ht_0808nla02.jpght_0808nla03.jpght_0808nla04.jpg パームレストからキーボード上部にかけてグラデーションしているのが特徴だ(写真=左)。ボディカラーはグラデーションホワイトのみとなる。液晶ディスプレイ天面にあるNECのロゴはエンボス加工のシンプルなもの(写真=中央)。新たにレーザーミニマウスが付属する(写真=右)

LaVie L アドバンストタイプ 店頭モデルの概要(その1)
シリーズ名 モデル名 タイプ 従来比較 CPU メモリ HDD OS 実売
LaVie L アドバンストタイプ LL750/RG 2スピンドル マイナーチェンジ Core 2 Duo T8100(2.1GHz) 2048MB 250GB Home Premium(SP1) 17万5000円前後
LaVie L アドバンストタイプ 店頭モデルの概要(その2)
シリーズ名 モデル名 液晶 解像度 チップセット 光学ドライブ GPU TV機能 重量
LaVie L アドバンストタイプ LL750/RG 15.4型ワイド 1280×800 Intel GM965 2層対応DVDスーパーマルチ チップセット内蔵 約2.9キロ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう