ニュース
» 2008年08月21日 08時00分 UPDATE

Windows Home Serverで“NAS+α”の使いやすさを (1/2)

マイクロソフトは、Windows Home Server日本語版を8月30日より提供すると発表した。OEMメーカーによるプリインストールのほかにDSP版も用意される。価格は英語版と同じになる見込みだ。

[石川ひさよし,ITmedia]

Power Pack 1が適用されたWindows Home Server日本語版

 家庭向けサーバOSのWindows Home Serverは、英語版がすでに販売されているが、今回登場する日本語版では、「Power Pack 1」を適用して出荷される。マイクロソフトは8月30日の出荷開始に合わせて、同日、秋葉原カフェソラーレにて「Windows Home Server 提供開始イベント」(13時〜18時)を開催する予定だ。

 なお、先行して販売されていたこともあって、Windows Home Server英語版のユーザーも多い。これらのユーザーには、日本語版の導入に関する技術的な支援(ドキュメント)が用意されるが、英語版から日本語版への安価なアップグレードパスは「検討はしているが確定したものではない」とのことだ。

 マイクロソフトの業務執行役員 本部長 サーバプラットフォームビジネス本部の五十嵐光喜氏は、Windows Home Serverを「今までにないカテゴリーの製品」と紹介している。最近では家庭内に複数台のPCが導入されており、各個人専用のPCを所有してるケースも多い。しかし、ほとんどの場合、デジタルカメラのデータや音楽データなどを各個人が自分のPCにそれぞれ保存しているのが現状だ。しかし、家族全員にとって大切なデータは家庭内にあるすべてのPCで共有したい。

 Windows Home Serverは、これまで別々に保存されていた音楽や写真などのデータを一元管理しデータを予期せぬアクセスから保護するとともに、家庭内ネットワークからも外部のネットワークからもアクセスできる機能を提供するものと、五十嵐氏は説明した。もちろん、共有してアクセスできるのは写真や音楽などのメディアデータに限らない。家庭内のホビーユースだけでなく、SOHOにおけるワークデータの共有にもWindows Home Serverは活躍する。

kn_mswhs_01.jpg マイクロソフトの業務執行役員 本部長 サーバプラットフォームビジネス本部の五十嵐光喜氏
kn_mswhs_02.jpg Windows Home Serverの各種機能。NASも家庭向け製品が普及しているが、Windows Home ServerではネットワークにつながったPCの状態を管理できたり、外出先からサーバ内のデータやPCにアクセスできたり、ディスク容量の追加が簡単にできたりと、NASを上回る機能が提供される

日本語版の登場で参加企業も増加した

 Windows Home Serverの対応パートナーとして、英語版の発売当初より導入製品を扱ってきたショップブランドPCベンダーとともに、日本語版の登場によって、新たにNEC、ロジテック、エプソンダイレクト、デルから導入製品が出荷される予定だ。また、Kaspersky LabsがWindows Home Server対応のアンチウイルスソフトを提供するほか、Streaming 21がWindows Home Serverベースのストリーミング製品を販売する。

kn_mswhs_03.jpg Windows Home Serverの対応製品を出荷する予定のパートナー企業。日本語版の提供開始とともに参加企業も増えた
kn_mswhs_09.jpg Windows Home Serverは主にPC上級者をターゲットとした製品だが、発表会ではアカデミックユーザーを含めて「420万世帯+αをターゲットにする」と明言している

 マウスコンピューターの代表取締役社長である小松永門氏は、Windows Home Server導入製品をこれまでも出荷しているが、ユーザーからは「日本語版が欲しい」という要望が大きかったことに加えて、英語版ということで購入をあきらめるユーザーもあったことを紹介している。そういうユーザーを取り込む可能性のある日本語版の登場に、小松氏は「ワクワクしている」と期待を表している。

 同社では、従来から販売しているHDDを4基搭載可能なコンパクトモデルとともに、さらに小さな「3リットル」シャーシモデルを投入すると発表した。この新モデルは最小構成価格が5万円からと、導入コストを抑えたエントリークラスの製品となる予定だ。Windows Home Server日本語版搭載モデルは9月1日より販売を開始する。

kn_mswhs_04.jpg マウスコンピューターの代表取締役社長である小松永門氏
kn_mswhs_05.jpg 普及価格帯の新製品「LM Media Server」で、「Windows Home Serverをまずは触ってもらいたい」と小松氏は述べる。「MDV Media Server」は従来から販売されているモデルに日本語版を導入している

 エプソンダイレクト取締役の河合保治氏は、新製品「Endeavor SV110h」を紹介した。小型ボディの「Endeavor ST110」をベースに、Windows Home Server 日本語版を導入した構成で、最小構成なら7万9800円からという低価格が特徴の製品だ。河合氏は、エプソンダイレクトならではのサポート体制などを紹介しつつ、個人事業主、SOHOでも活用できる製品としてSV110hを使ったもらいたいと述べている。販売は9月下旬から開始される予定だ。

kn_mswhs_06.jpg エプソンダイレクトの取締役である河合保治氏
kn_mswhs_23.jpg エプソンダイレクトのデスクトップPCで最もコンパクトなST110をベースとする「SV110h」を投入する

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.