ニュース
» 2008年08月29日 13時33分 UPDATE

ASUS、Eee PCのラインアップにCeleron M搭載の下位モデル2製品を追加

ASUSTeKは、ミニノートPC“Eee PC”の新モデルとなるCeleron M搭載の下位モデル「Eee PC 900-X」「Eee PC 701 SD-X」を発表した。

[ITmedia]

 ASUSTeKは8月29日、ミニノートPC“Eee PC”の新モデルとなるCeleron M搭載の下位モデル「Eee PC 900-X」「Eee PC 701 SD-X」を発表、9月13日に発売する。価格はオープン、予想実売価格はEee PC 900-Xが4万9800円前後、Eee PC 701 SD-Xが3万9800円前後だ。

photophotophoto Eee PC 900-X(左/中)、Eee PC 701 SD-X(右)。ともにブラック/ホワイトカラーを用意する

 Eee PC 900-Xは、現行モデル「Eee PC 901-X」の下位製品で、CPUをAtom N270から超低電圧版Celeron M 353に変更。また、ストレージ構成がSSD 12Gバイト(4Gバイト×1+8Gバイト×1の2ドライブ構成)からSSD 16Gバイト×1に変更されている。

 液晶ディスプレイは1024×600ドット表示対応の8.9型ワイド液晶を、メモリは1Gバイトを内蔵するほか、130万画素Webカメラを内蔵。無線LANはIEEE802.11b/g(11nは未対応)を装備、OSはWindowsR XP Home Edition(SP3)。本体サイズは225(幅)×170(奥行き)×20〜33.8(高さ)ミリ、重量は約0.99キロ。バッテリー駆動時間は約4.3時間だ。

 Eee PC 701 SD-Xは、旧モデル「Eee PC 4G-X」「Eee PC 4G-XU」の後継となるモデルで、CPUは超低電圧版Celeron M 353を、液晶ディスプレイは800×480ドット表示対応の7型ワイド液晶を内蔵。メモリは512Mバイト、ストレージはSSD 8Gバイトを装備する。無線LANはIEEE802.11b/g、OSはWindowsR XP Home Edition(SP3)。本体サイズは225(幅)×164(奥行き)×22〜37(高さ)ミリ、重量は約0.91キロ。バッテリー駆動時間は約3.7時間。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう