ニュース
» 2008年08月29日 14時10分 UPDATE

DFI、AMD 790GX搭載microATXマザー「LANPARTY JR 790GX-M2RS」など2製品

アスクは、DFI製となるAMD 790GXチップセット搭載microATXマザー「LANPARTY JR 790GX-M2RS」、P45チップセット搭載microATXマザー「LANPARTY JR P45-T2RS」の2製品を発表した。

[ITmedia]
photo 790GX-M2RS

 アスクはこのほど、DFI製となるAMD 790GXチップセット搭載microATXマザー「LANPARTY JR 790GX-M2RS」、P45チップセット搭載microATXマザー「LANPARTY JR P45-T2RS」の2製品の取り扱いを発表、9月上旬より発売する。価格はオープン、予想実売価格はともに1万9800円前後だ。

 LANPARTY JR 790GX-M2RSは、チップセットにAMD 790GXを採用したSocket AM2対応のmicroATXマザーボード。拡張スロットはPCI Express 2.0 x8×2、PCI Express x1×1、PCI×1を装備しCrossFire動作にも対応する。

 メモリはDDR2スロット4基を備え、最大8Gバイトを搭載可能。そのほかオンボードグラフィックス機能用のサイドポートDDR3メモリ128Mバイトを内蔵する。バックパネルはUSB 2.0×4、HDMI×1、DVI×1、ギガビット対応LAN×1、PS/2×2を利用可能だ。

phto LANPARTY JR P45-T2RS

 LANPARTY JR P45-T2RSは、チップセットとしてIntel P45+ICH10Rを備えたLGA 775対応のmicroATXマザーボードで、PCI Express x16×2(2レーン使用時はx8×2)、PCI Express x1×1、PCI×1を備えCrossFireをサポートした。

 自動オーバークロック機能「ABS」に対応、機動時にF1キーを押すことでオーバークロック動作への切り替えを行える。メモリスロットはDDR2 4基で、最大8Gバイトを搭載可能。バックパネルインタフェースはUSB 2.0×6、ギガビット対応LAN×1、PS/2×2を利用可能だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう