ニュース
» 2008年09月02日 15時00分 UPDATE

東芝、14.1型ワイド液晶搭載の新ビジネスノートPC「Satellite B10」

東芝は、同社初となる14.1型ワイド液晶を内蔵する企業向けノートPC「dynabook Satellite B10」を発表した。

[ITmedia]
photo dynabook Satellite B10

 東芝は9月2日、同社初となる14.1型ワイド液晶を内蔵する企業向けノートPC「dynabook Satellite B10」を発表、9月初旬より販売を開始する。価格はCore 2 Duo P8400搭載モデル(型名:226E/W)が21万5250円から、Celeron 575搭載モデル(200C/W)が18万3750円から(ともに税込み/以下同様)。

 dynabook Satellite B10は、液晶ディスプレイとして1280×800ドット表示対応の14.1型ワイド液晶を内蔵するノートPCで、A4ビジネスノートPCクラスの性能を実現しつつ、ひと回りコンパクトな筐体サイズを採用した。

 標準スペックは、メモリが1Gバイト、HDDが80Gバイト、光学ドライブがDVDコンボドライブを装備。OSはWindows Vista Business(Windows XPダウンダウングレードサービスに対応)。本体サイズは約336.8(幅)×245(奥行き)×36.4〜38.4(高さ)ミリ、重量は約2.5キロ。


 また東芝は、企業向けノート「Satellite K30」の下位製品となるCeleron 575搭載モデルを追加、9月初旬より順次発売する。価格はWSXGA+液晶搭載モデル(200C/WX)が20万6850円、WXGA液晶搭載モデル(200C/W)が18万7950円だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.