ニュース
» 2008年09月02日 15時00分 UPDATE

古田雄介のアキバPickUp!:「勝ち組と負け組が見えてきたっぽい」――アキバのNetbook販売状況 (1/4)

低価格なミニPCがアキバのパーツショップを席巻しているが、一部の機種が潤沢に出回るようになってから、徐々に勝ち負けが見えるようになってきた。

[古田雄介&ITmedia アキバ取材班,ITmedia]

“Eee PC王国”が構築されつつある現状――対抗馬はWind Netbookのみ?

og_akiba_001.jpg ツートップ秋葉原本店の予約告知POP

 8月29日、ASUSTeK「Eee PC」の新モデル「Eee PC 900-X」と「EeePC 701SD-X」が発表され、ツートップ秋葉原本店はすぐに予約受け付けを始めた。予価はEee PC 900-Xが4万9800円で、Eee PC 701SD-Xが3万9800円。どちらも9月13日の午前10時から発売される。

 2モデルともに、現行のEee PC 901-Xの下位モデルにあたり、Eee PC 900-Xは1024×600ドットの8.9型ワイド液晶と16GバイトのSSD、1Gバイトのメモリを搭載する。Eee PC 701SD-Xは、800×480ドットの7型ワイド液晶に8GバイトのSSD、512Mバイトのメモリを備える。

 同ショップは「外出先でネットを見るための端末と割り切るなら、より低価格なこれらのモデルも人気が出るでしょう。Netbookの中でもEee PCは好調なので、下位モデルも売れると思いますよ」と語る。

 なお、「Eee PCは好調」との発言は複数のショップで聞かれた。8月下旬に日本エイサーの「Aspire one」が発売され、注目のNetbookが出そろった現在、その市場はすべてのモデルが“入荷したら売れる”という状況から、勝ち組と負け組に分かれていく段階に移行しつつあるようだ。そこで、先週の金曜日に、在庫状況と売れ筋モデルを調べてみた。

 まず在庫状況だが、主要モデルは次の表のようになっている。

Eee PC 901-X Eee PC 4G-X Wind Netbook U100 Aspire one
TSUKUMO eX. 潤沢 ごく少数 入荷待ち ごく少数
フェイス PC館 入荷待ち 入荷待ち 入荷待ち 少数
ツートップ秋葉原本店 少数 入荷待ち 入荷待ち 潤沢
T-ZONE.PC DIY SHOP 潤沢 入荷待ち 入荷待ち 入荷予定なし
ドスパラ秋葉原本店 潤沢 入荷待ち 入荷待ち 少数
BLESS秋葉原本店 潤沢 入荷待ち 入荷待ち 少数
ソフマップ パソコン総合館 潤沢 ごく少数 入荷待ち 潤沢

 現在入手できる可能性が高いのは、Eee PC 901-XとAspire one、そして若干数が出回っている“元祖Eee PC”ことEee PC 4G-Xだ。MSIのWind Netbook U100は、在庫があるショップを見つけることができなかった。

 ただし、同じ潤沢な在庫状況でもEee PC 901-XとAspire oneは売れ行きが異なるという意見が多い。ドスパラ秋葉原本店は「Aspire oneは意外と売れていません。若干高くても6万円弱のEee PC 901-Xはカスタマイズできる余地が大きいのが、アキバに来る人に支持されているのでしょう」という。

 また、Aspire oneをあえて入荷していないT-ZONE.PC DIY SHOPも「“遊べる”という点ではEee PC 901-Xが一番ですね。その対抗馬となるのはWind Netbookですが、8月初旬に再入荷して以来、今後の入荷状況は不透明のままです」と、同様の意見を述べた。

 このまま店頭にライバルがいない状況が続くと、今後追加モデルを投入するEee PCがますます勢力を拡大するのは確実な状況だ。複数のショップは、試合終了となるか大逆転が起こるかは、Wind Netbookにゆだねられていると見ている。

og_akiba_002.jpgog_akiba_003.jpgog_akiba_004.jpg ソフマップ パソコン総合館の店頭。Atomノートではないが、HP 2133 Mini-Note PC(上段中央)も人気を集めており、在庫はわずかとなっていた(写真=左)。TSUKUMO eX.のNetbook売場。系列店のみで販売されるギガバイト「M704」(右)は売れ行きが落ち着いているという(写真=中央)。同じくTSUKUMO eX.のWind Netbook U100と、Aspire one(写真=右)

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.