ニュース
» 2008年09月02日 16時30分 UPDATE

デル史上最軽量:997グラムのSSD搭載モバイルノート――デル「Latitude E4200」

「Latitude E4200」はデルが9月中旬に発売する軽量モバイルノートPC。超低電圧版Core 2 Duoを採用し、日本市場を意識して軽さと長時間駆動に注力している。

[ITmedia]
tm_0809e4200_01.jpg 「Latitude E4200」

 デルは9月2日、ビジネス向けモバイルノートPC「Latitude E4200」を発表した。発売は9月中旬の予定。価格は未定だが、現状では30万円台前半からの見込みだ。

 E4200はデル史上最軽量のノートPCで、同日ラインアップが一新されたLatitudeシリーズで目玉となる製品だ。開発においては、日本市場の要望を積極的に採り入れ、軽さと長時間のバッテリー駆動に注力したという。デザインにもこだわっており、マグネシウム合金の直線的なボディに、金属製ヒンジ、ヘアライン加工を施した天板を採用。本体カラーはマイカブラッシュドメタル、レガッタブルー、リーガルレッドの3色を用意する。

 1280×800ドット表示のLEDバックライト付き12.1型ワイド液晶ディスプレイを搭載し、本体サイズは290.6〜296.5(幅)×204(奥行き)×19.2〜26.8(高さ)ミリ、重量は4セルバッテリー装着時の最軽量構成で約1キロ(0.997キロ)、6セルバッテリー装着時で約1.3キロとなる。バッテリー駆動時間は4セルで約4〜5時間、6セルで約8時間をうたう。4セル/6セルバッテリーに加えて、底面に装着する板状の「バッテリスライス(6セル)」を併用することも可能だ。ACアダプタも薄型軽量のものを新開発し、1時間で80%まで充電できる急速充電に対応した。

tm_0809e4200_02.jpg 天板はヘアライン加工が施されている。6セルバッテリーを装着すると、背面が出っ張る

 CPUは超低電圧版Core 2 Duoで最大SU9400(1.4GHz/2次キャッシュ3Mバイト/FSB 800MHz)、チップセットはIntel GMA 4500MHDグラフィックスコアを統合したIntel GS45 Expressと、いずれもスモールフォームファクタを用いている。メモリは1GバイトのDDR3 SDRAM(800MHz動作)をオンボードで実装し、1基のメモリスロットに4Gバイトモジュールを装着することで、最大5Gバイトまで搭載可能。データストレージは64GバイトSSDもしくは128GバイトSSDで、HDDのオプションは用意されていない。光学ドライブは内蔵せず、オプションでDVD±RWドライブ付きのドッキングステーションなどが用意される。

 インタフェースはUSB 2.0×2(1基はeSATA共用、もう1基は電源オフ時における外部機器への電源供給に対応)、IEEE1394、ドッキングステーション用コネクタ、アナログRGB出力、1000BASE-Tの有線LAN、ヘッドフォン、マイク、ExpressCard/34スロット、SDメモリーカード/MMCスロットなどを装備。ワイヤレス通信機能は、Intel Wi-Fi Link 5300(802.11a/b/g/nドラフト 3×3)やBluetooth 2.1が選べる。

 セキュリティ機能に関しては、パスワード情報を一元管理できるControlVault機能を搭載。TPM 1.2セキュリティチップ、スマートカードリーダー、指紋センサ(オプション)などの機能も持つ。

 入力環境は日本語キーボードと2ボタン式タッチパッドの組み合わせで、オプションとしてLEDバックライト付きキーボードを装備できる。キーボードのLEDバックライトは周囲の照明レベルに応じて、調整可能だ。

tm_0809e4200_03.jpgtm_0809e4200_04.jpgtm_0809e4200_05.jpg LEDバックライトを用いた液晶ディスプレイの天板は薄く仕上がっている(写真=左)。USB 2.0ポートは2基あり、左側面のポートがeSATA共用、右側面のポートが電源オフ状態で接続したデバイスの電源供給に対応する(写真=中央、右)

 プリインストールOSはWindows Vista Ultimate/Business/Home Basicの日本語版/英語版を用意し、Vista Businessは64ビット版も選べる。また、Windows XP Professionalへのダウングレードにも対応している。

 このほか、専用の低電圧サブプロセッサとLinux系OSを用いることで、Windowsを起動せずにメールやカレンダー、添付書類、連絡先リスト、Webページにアクセスできる「Latitude ON」機能のオプションが11月に提供される予定だ。

 法人向けのサービスとしては、バッテリー交換サービスやHDDデータ復旧サービス、HDDデータ破壊サービス(証明書付き)を利用できる。また、GPSで紛失したノートPCの所在を追跡し、遠隔操作でデータを消去するサービスにも対応する予定だ。

tm_0809e4200_06.jpgtm_0809e4200_07.jpgtm_0809e4200_08.jpg バッテリスライスを底面に取り付けた状態(写真=左)。取り外したバッテリスライス(写真=中央)。ポケットなどにも収まりやすい薄型軽量なACアダプタが付属する(写真=右)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.