ニュース
» 2008年09月05日 10時00分 UPDATE

日本でもデビュー:デルがファンレス仕様の静音AtomノートPCを投入

デルの低価格ミニノートPC「Inspiron Mini 9」が日本に上陸する。直販だけでなく、店頭販売も行われる。

[ITmedia]

ボディカラーやSSD容量、OSも選べるミニノートPC

 9月4日に米国で発表されたのに続き、日本でもデルの「Inspiron Mini 9」がリリースされた。液晶ディスプレイ天板のカラーリングはオブシディアン・ブラックとパール・ホワイトから選べるほか、OSもWindows XP Home Edition(SP3)かUbuntu 8.04(Dellカスタマイズ版)から選べるのが特徴だ。

ht_0809in01.jpght_0809in02.jpg 2種類のカラーバリエーションが用意される。左からオブシディアン・ブラック、パール・ホワイト


 Inspiron Mini 9はCPUにAtom N270(1.6GHz)を搭載したデル初のNetbookで、ボディサイズは232(幅)×172(奥行き)×27.2〜31.7(高さ)ミリ、重量は約1035グラムと小型軽量に仕上がっている。液晶ディスプレイはLEDバックライトを採用した8.9型ワイド光沢タイプで、画面解像度は1024×600ドットだ。

 ストレージは16Gバイト、8Gバイト、4Gバイトから選択できるが、Windows XPの場合は8Gバイト以上が必須となる。メモリ容量は1Gバイトまたは512Mバイトで、グラフィックス機能統合型チップセットのIntel 945GSE Expressを備えている。4セルバッテリーを標準で実装し(大容量バッテリーは用意されない)、公称値で約3.4時間の駆動に対応する。低価格ミニノートPCとしては珍しく、ファンレス仕様で高い静音性を実現したほか、トレイ構造のキーボードを採用することで30ccまでの水滴からPCを保護する生活防水に対応している。

 日本語キーボード(主要キーピッチが15.6ミリ)と英語キーボード(同17ミリ)が用意されており、ユーザーの好みに応じて選択可能だが、店頭では日本語キーボードのみ取り扱われる予定だ。そのほかのオプションは液晶ディスプレイ上部に内蔵する130万画素のWebカメラ、Bluetooth V2.1+EDRとなる。

 一方、100BASE-TX対応の有線LANやIEEE802.11b/g準拠の無線LAN機能、3基のUSB 2.0ポートやアナログRGB出力、SDメモリーカード(SDHC対応)/メモリースティックPRO/MMC対応のメモリカードスロット、ステレオスピーカーといった仕様は固定となる。なお、Ubuntuの製造開始は9月下旬予定で、Ubuntu版の店頭販売は行われない。

 価格は4GバイトのSSDに512Mバイトのメモリ、OSにUbuntu 8.04を採用した「Inspiron Mini 9 ベーシックパッケージ」が4万9980円、8GバイトのSSDに1Gバイトのメモリ、OSにWindows XP Home Edition(SP3)を搭載した「nspiron Mini 9 プレミアムパッケージ」が5万7980円、16GバイトのSSDにWindows XP Home Edition(SP3)というフルオプションを装備した「Inspiron Mini 9 プラチナパッケージ」が6万4980円(いずれも直販価格)となっている。

ht_0809in03.jpght_0809in04.jpg カラーリングの違いは液晶ディスプレイ天板部分だけだ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.