レビュー
» 2008年09月05日 14時14分 UPDATE

Eee PCは超えられるか!?:動画で見る低価格ミニPC――デル「Inspiron Mini 9」編

Atom搭載ミニノートPCとしては後発となるデルの「Inspiron Mini 9」だが、デルならではのこだわりを動画でチェックしよう。

[田中宏昌,ITmedia]

すでに予約販売が開始されたInspiron Mini 9

ht_0809ins01.jpg Ubuntu 8.04(Dellカスタマイズ版)の画面(試作機)

 以前から開発表明が行われていた、デルのミニノートPCがついに姿を現した。CPUにAtomを搭載した低価格ノートPCとしては後発の部類に入るが、PCの世界シェアでHPと並ぶ巨頭が満を持してリリースしたモデルだけに、期待が高まる。

 こちらのレビュー記事では日本語キーボードとWindows XP Home Edition(SP3)を搭載した「Inspiron Mini 9 プラチナパッケージ」を取り上げたが、ここでは4GバイトのSSDとUbuntu 8.04(Dellカスタマイズ版)を採用した最廉価モデル「Inspiron Mini 9 ベーシックパッケージ」を動画で見ていく。

 低価格ミニノートPCは、ASUSTeKの「Eee PC 901-X」を除けば店頭在庫はどれも少なく、気軽に購入するのが難しいのが現状だ。Inspiron Mini 9はすでに同社Webサイトをはじめ、ビックカメラやソフマップなど量販店で予約が開始されており、今後の動向が気になるところではある。


店頭でもモデルが選べ、直販ならカスタマイズが可能

 Inspiron Mini 9のポイントは、本体のカラーリングとOS、そしてキーボードやSSDの容量が選択できる点にある。量販店の店頭では天板カラーとSSD容量のみ選べ、日本語キーボードとWindows XP Home Edition(SP3)の組み合わせは固定となるが、直販ではOS(Ubuntu 8.04 DELL カスタマイズ版)やSSD容量(16Gバイト/8Gバイト/4Gバイト)、メモリ容量(1Gバイト/512Mバイト)、130万画素Webカメラの有無、Bluetooth V2.1+EDRの有無、そして日本語キーボード/英語キーボードを選択可能だ。

 OSにWindows XP Home Edition(SP3)を選択すると4GバイトSSDは選べず、Ubuntuモデルの製造開始は9月下旬からとなっているなど若干の制約はあるが、低価格ミニノートPCとはいえ、仕様のカスタマイズを行えるのは同社ならではといえるだろう。

ht_0809ins02.jpght_0809ins03.jpg 液晶ディスプレイ天板のカラーは、オブシディアン・ブラック(写真=左)とパール・ホワイト(写真=右)から選べる

ht_0809ins04.jpght_0809ins05.jpg 店頭モデルは日本語キーボード(写真=左)のみだが、直販では英語キーボード(写真=右)も選択可能だ。ともにキー配列やキーピッチが特殊なので、購入前に注意深く検討したい

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.