ニュース
» 2008年09月11日 15時00分 公開

エディオン、Centrino 2採用の15.4型ワイド液晶搭載ノートPC

マウスコンピューターとエディオンは、共同企画PC「E-GG+」の新モデルとなるノートPC「EGPN840 DR25P」を発表した。

[ITmedia]
photo EGPN840 DR25P

 マウスコンピューターとエディオンは9月11日、共同企画PC「E-GG+」の新モデルとなるノートPC「EGPN840 DR25P」を発表、9月13日よりエディオングループ各店舗にて販売を開始する。価格は10万9800円(税込み)。

 EGPN840 DR25Pは、1280×800ドット表示対応15.4型ワイド液晶ディスプレイを装備したノートPCで、CPUとしてCore 2 Duo P8400(2.26GHz)を搭載した。メモリはDDR2 2Gバイト、HDDは250Gバイト、光学ドライブは2層対応DVDスーパーマルチドライブを内蔵。無線LANはIEEE802.11a/b/g/n(ドラフト2.0)を利用可能だ。OSはWindows Vista Home Premium(SP1)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう