ニュース
» 2008年09月24日 11時59分 UPDATE

デル、クアッドCPU搭載のスタンダードデスクトップPC「Studio desktop」

デルは、個人向けブランド“Studio”の新モデルとなるミニタワーデスクトップPC「Studio desktop」およびスリムPC「Studio Slim desktop」の2製品を発表した。

[ITmedia]
photo Studio desktop(左)、Studio Slim desktop(右)

 デルは9月24日、個人向けブランド“Studio”の新モデルとなるミニタワーデスクトップPC「Studio desktop」およびスリムPC「Studio Slim desktop」の2製品を発表、本日より販売を開始する。ベーシック構成価格(19型ワイド液晶付属時)は、Studio desktopが11万9800円、Studio Slim desktopが10万9800円(双方税込み)。

 Studio desktop/Studio Slim desktopは、ともにマザーボードにIntel G45 Expressチップセットを採用したデスクトップPCで、CPUとしてCore 2 Quad Q6600/Q6700/Q9300を選択可能だ。

 メモリはDDR2 1Gバイト〜4Gバイト、HDDは250Gバイト〜1Tバイト、光学ドライブはDVDコンボ/スーパーマルチドライブ、およびBlu-ray Discドライブを選択可能。グラフィックス機能はオンボードのIntel GMA X4500HDのほか、Radeon HD 3450(Studio desktopはRadeon HD 3650にも対応)も選択できる。OSはWindows Vista Home Premium/Ultimateだ。

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう