ニュース
» 2008年09月24日 12時35分 公開

日本HP、企業向けハイエンドデスクトップPC「dc7900」を発表

日本ヒューレット・パッカードは、中/大企業向けとなるハイエンドデスクトップPC「dc7900」シリーズを発表した。

[ITmedia]

 日本ヒューレット・パッカードは9月24日、中/大企業向けとなるハイエンドデスクトップPC「dc7900」シリーズを発表、9月25日より発売する。

photophotophoto dc7900シリーズ

 dc7900シリーズは、企業向けデスクトップPC「dc7800」の後継モデル製品で、マザーボードをIntel Q45チップセット搭載製品に変更したモデル。筐体サイズは、ミニタワー型の「dc7900 MT」、スリム型の「dc7900 SF」、ウルトラスリム筐体採用の「dc7900 US」の3タイプを用意、それおぞれ固定仕様モデルとCTOカスタマイズ対応モデルをラインアップしている。

 従来モデル同様に、企業向け管理機能の「Intel vPro」に対応。オンボードグラフィックス機能としてIntel GMA4500を利用可能となり描画能力が向上したほか、ミニタワー/スリム筐体選択時にはグラフィックスカード2枚を増設しての4画面同時出力も可能となっている。

仕様製品名HP Directplus価格(税込み)販売開始日
固定仕様モデルHP Compaq Business Desktop dc7900 MT144,900円〜2008年9月25日
HP Compaq Business Desktop dc7900 SF114,450円〜
HP Compaq Business Desktop dc7900 US102,900円〜
カスタマイズモデルHP Compaq Business Desktop dc7900 MT/CT106,050円〜
HP Compaq Business Desktop dc7900 SF/CT103,950円〜
HP Compaq Business Desktop dc7900 US/CT91,350円〜
HP Compaq Business Desktop dc7900 US/CT モニタマウントキットセットモデル121,800円〜

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう