ニュース
» 2008年09月25日 15時00分 UPDATE

「ハンドル」があれば大画面も携帯できるっ──Let'snote F8

パナソニックは、Let'snoteラインアップ4年ぶりの新シリーズとなる「Let'snote F8」を9月25日に発表した。価格はオープンで店頭モデルの実売予想価格は29万円前後。

[ITmedia]
kn_letsf8_01.jpg Let'snote F8

 Let'snote F8は、14.1型ワイド、最大解像度1440×900ドットの液晶ディスプレイを搭載した2スピンドルノートPCで、Let'snoteシリーズで最も高いパフォーマンスを実現するためにLet'snote Yシリーズで搭載している低電圧版ではなく、通常タイプのモバイル向けCPUとなるCore 2 Duo SP9300(動作クロック2.26GHz)を搭載する。チップセットはIntel GS45 Express、無線LANモジュールはIntel Wireless WiFi Link 5100AGN(IEEE 802.11a/g/n nはドラフト2.0準拠)で、Centrino 2プラットフォームの条件を満たす。

 大画面を搭載するモバイルノートPCとして、すでにLet'snote Yシリーズが存在するが、パナソニックによるユーザー調査で、ほとんどのユーザーが持ち出して使うことをしていなかったという。この状況を改善するために、Let'snote F8では、パームレストの手前に本体と一体化したハンドルをつけることで、大きなサイズのノートPCでもすぐに持ち出せるようにした。ハンドルの強度は、すでに同様のハンドルを導入しているTOUGHBOOKと同等とされている。

 14.1型ワイドの大ぶりなホディだが、重さは約1.63キロと見かけほどには重くない。これは、内蔵ドライブに重さが50.5グラムのシェルドライブを搭載したり、0.2ミリ厚のパネルを採用した液晶パネルや約0.6ミリ厚のマグネシウム合金ボディを採用したりなど、これまでのLet'snoteシリーズと同じ軽量化の工夫で実現している。

 パナソニックでは、Let'snote F8の携帯利用として、カバンに入れて屋外に持ち出すのではなく、ハンドルを使って本体だけを屋内で移動するシーンを想定している。それでも、本体をむき出して持ち歩くことになるが、堅牢性能に関しても、ほかのLet'snoteシリーズと同様に76センチの動作落下試験や100キロf加圧振動試験をクリアさせるほか、HDDを低反発ダンパーで保護したりウォータースルー構造と防水シートを組み合わせた全面防滴キーボードを採用するなど、これまでのLet'snote Yシリーズで導入されてきた堅牢防滴性能がLet'snote Fでも受け継がれている。

 オプションとして、Let'snote F8専用のミニポートリプリケータが新しく用意され、DisplayPortなどの最新インタフェース規格が利用できる。また、Web販売専用のマイレッツ倶楽部では、オンボードメモリを2Gバイトにすることで最大メモリ容量を4Gバイトにできたり、HDD容量が店頭モデルより多い250Gバイトにできたりするほか、天板のカラーバリエーションとして標準のシルバーフェザーのほかに「プレジャーレッド」「キュリオスピンク」「イズムブラック」「レゾナンスグレー」「ライブブルー」が用意される。キーボードも標準の日本語キーボード以外にかな文字のないローマ字すっきりキーボードが選べる。

Let'snote LIGHTシリーズの概要(その1)
シリーズ名 モデル名 タイプ 従来比較 CPU メモリ HDD OS 実売
Let'snote LIGHT CF-F8 CF-F8EWJJJR 2スピンドル 新シリーズ Core 2 Duo SP9300(2.26GHz) 2048MB 160GB Business(SP1) 29万円前後

Let'snote LIGHTシリーズの概要(その2)
シリーズ名 モデル名 液晶 解像度 チップセット 光学ドライブ GPU Office 2007 重量
Let'snote LIGHT CF-F8 CF-F8EWJJJR 14.1型ワイド 1440×900 Intel GS45 2層対応DVDスーパーマルチ チップセット内蔵 約1.63キロ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.