ニュース
» 2008年09月25日 15時00分 UPDATE

基本性能を地道に強化したワンスピンドル──Let'snote T8

パナソニックは、9月25日に12.1型液晶ディスプレイ搭載のワンスピンドルノート「T」シリーズの新製品を発表した。価格はオープンで実売予想価格は22万円前後。

[ITmedia]
kn_letst8_01.jpg Let'snote T8

 今回発表されたLet'snote Tの新モデル「CF-T8」は、同日発表されたほかのLet'snoteシリーズの「CF-R8」「CF-W8」「CF-F8」と同じく、Centrino 2を導入したのが最も大きな特徴となる。CPUは超低電圧版のCore 2 Duo SU9300(動作クロック1.2GHz)、チップセットはIntel GS45 Express、無線LANモジュールはIntel Wireless WiFi Link 5100AGN(IEEE 802.11a/b/g/n ただしnはドラフト2.0準拠)をそれぞれ搭載する。

 そのほかの仕様は従来モデルの「CF-T7」と同様で、本体重量は約1.179キロ、バッテリー駆動時間は標準バッテリーパックで約11時間(オプションで軽量バッテリーも用意される)、HDD容量は120Gバイト。標準構成のメモリはオンボード搭載の1Gバイトとなるが、拡張用のメモリスロットが2Gバイトに対応したおかげで、最大メモリ容量は3Gバイトまで搭載できるようになった。

 76センチ動作落下(底面のみ)、30センチ非動作落下(26方向)、100キロf加圧振動といった工場テストのクリアと、全面防滴キーボードの採用といった堅牢性能も従来モデルと同様だ。OSはWindows Vista Business(SP1)が導入されるほか、Windows XP Professional (SP2)へのダウンロード権も付属する。

 Web販売専用のマイレッツ倶楽部モデルでは、HDDを250Gバイトに増やした構成が選択できるほか、天板のカラーバリエーションではこれまでと同様に11色が用意される。ただし、CF-R8、CF-W8で用意されるジェットブラックボディとそれと組み合わせて選べる4色の天板カラーはCF-T8のマイレッツ倶楽部で選択できない。

Let'snote LIGHTシリーズの概要(その1)
シリーズ名 モデル名 タイプ 従来比較 CPU メモリ HDD OS 実売
Let'snote LIGHT CF-T8 CF-T8EW6NJR 1スピンドル Centrino 2導入 Core 2 Duo SU9300(1.2GHz) 1024MB 120GB Business(SP1) 25万円前後
CF-T8EW6AJR 1スピンドル Centrino 2導入 Core 2 Duo SU9300(1.2GHz) 1024MB 120GB Business(SP1) 22万円前後

Let'snote LIGHTシリーズの概要(その2)
シリーズ名 モデル名 液晶 解像度 チップセット 光学ドライブ GPU Office 2007 重量
Let'snote LIGHT CF-T8 CF-T8EW6NJR 12.1型 1024×768 Intel GS45 チップセット内蔵 約1.179キロ
CF-T8EW6AJR 12.1型 1024×768 Intel GS45 チップセット内蔵 約1.179キロ

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう