ニュース
» 2008年09月29日 13時00分 UPDATE

国内メジャー初のNetbookが東芝から──「NB100」発表

東芝は、9月29日にNetbook「NB100」を発表した。価格はオープンで実売予想価格は7万円台半ばの見込み。出荷開始は10月下旬の予定だ。

[ITmedia]

 NB100は、東芝が始めて投入するNetbookで、8.9型ワイド液晶ディスプレイ(最大解像度は1024×600ドット)を搭載し、サイズは225(幅)×190.5(奥行き)×29.5〜33(厚さ)ミリ、重さは1050グラム、バッテリー駆動時間は約2.9時間という携帯性能を有する。

kn_nb100_01.jpg 国内大手PCメーカーでは初めてとなるNetbook「NB100」

 搭載するCPUはAtom N270、チップセットはIntel 945GSE Expressの組み合わせで、メモリ容量も1Gバイトと、先行して登場したほかのNetbookと変わらない。

 データストレージはSSDではなく、120GバイトのHDD(5400rpm、Serial ATA対応)を搭載する。無線LANはIEEE 802.11b/gに対応。有線LANもギガビットイーサをサポートする。 標準構成でBluetooth(Ver.2.1+EDR準拠)にも対応する。

 本体に搭載されるインタフェースはUSB 2.0×3(そのうち2つは右側面で、残り1つは左側面)に5in1メディアカードスロット(SDメモリーカード、SDHC、メモリースティック、メモリースティックPRO、マルチメディアカード)、有線LAN、アナログRGBがある。そのほか、液晶ディスプレイの上に有効画素30万画素のCMOSカメラを搭載する。

 東芝がNetbookを国内に投入する理由について、製品企画の担当者は「国内でも一定数のユーザーが見込まれるNetbookという選択肢を提供するため」と説明する。また、既存のdynabookラインアップの低価格モデルとの競合についても、「Netbookでできることはメールやインターネットサービスなどに限られるため、dynabookとの競合は起こらない。NB100は、そういうことを理解しているユーザーに訴求していく」という考えを示している。NB100の製品名に「dynabook」「Qosmio」というブランドがつかないのも、それらのラインアップとNB100がまったく別なものであることをアピールするためと東芝は説明している。

 価格はオープンで、実売予想価格は7万円台半ばになる見込み。

NB100の概要(その1)
モデル名 型番 タイプ 従来比較 CPU メモリ HDD OS 実売
NB100 PANB100NL Netbook 新シリーズ Atom N270(1.6GHz) 1GB 120GB Home Edition(SP1) 7万円半ば

NB100の概要(その2)
シリーズ名 モデル名 液晶 解像度 チップセット 光学ドライブ GPU Office 2007 重量
NB100 PANB100NL 8.9型ワイド 1024×600 Intel 945GSE チップセット内蔵 約1.05キロ

関連キーワード

Netbook | Atom | 東芝 | dynabook


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.