ニュース
» 2008年09月30日 12時00分 公開

2008年PC秋冬モデル:外出先でもBDが楽しめる2スピンドルモバイル――「VAIO type S」

13.3型ワイド液晶を搭載したモバイルPC「VAIO type S」に約15万円の下位モデルが登場。直販専用モデルのCTOメニューにはBlu-ray Discドライブも用意された。

[ITmedia]
VGN-SR51B/P

 ソニーが9月30日に発表した「VAIO type S」の店頭向けモデルは2機種3モデル。上位の「VGN-SR70B/S」は、夏モデルからの継続販売となるが、下位モデルとして「VGN-SR51B/S」と「VGN-SR51B/P」が追加された。実売価格はともに約15万円で10月4日より発売される。

 VAIO type Sは、13.3型ワイド液晶ディスプレイ(1280×800ドット表示)を搭載した2スピンドルノートPC。2008年夏モデルでは、MontevinaことIntel PM45 Expressチップセットベースのプラットフォームを採用する一方、新シリーズ「VAIO type Z」の登場にあわせて、ラインアップをVGN-SR70B/Sの1モデルに縮小していた。

 今回追加されたVGN-SR51B/S(スターシルバー)とVGN-SR51B/P(サクラピンク)は、CPUにCeleron 575(2GHz)を採用した低価格モデルで、ATI Mobility Radeon HD3470を搭載するVGN-SR70B/Sとは異なり、チップセット内蔵(GMA 4500M HD)のグラフィックス機能を利用する仕様だ。また、無線LAN機能もIEEE802.11b/g/n対応のモジュールが実装される(VGN-SR70B/Sはa/b/g/n対応)。そのほかの基本スペックはVGN-SR70B/Sとほぼ同じで、メモリ容量が2Gバイト、HDD容量が160Gバイト、光学ドライブがDVDスーパーマルチドライブ(2層対応)となっている。なお、サクラピンクの筐体色を採用したVGN-SR51B/Pが店頭向けに登場したことで、サクラピンクカラーのキャリングケース「VGP-CKSR2」(実売7000円前後)やBluetoothレーザーマウス「VGN-BMS33/P」(実売7000円前後)も店頭での取り扱いが開始される。

 一方、スペックをカスタマイズできるVAIOオーナーメードのCTOメニューには、Blu-ray Discドライブをはじめ、ATI Mobility Radeon HD3470+HDMI端子や320GバイトHDD(7200rpm)などが新たに加わったほか、カラーバリエーションとしてブリリアントシルバーとスパークリングピンクの2色が追加されている。最小構成価格は12万4800円で、こちらも10月4日より販売される予定だ。

VAIOオーナーメード限定の新色「スパークリングピンク」(写真=左)と「ブリリアントシルバー」(写真=右)

VAIO type S店頭モデルの概要(その1)
シリーズ名 モデル名 タイプ 従来比較 CPU メモリ HDD OS 実売価格
VAIO type S VGN-SR70B/S 2スピンドル 継続 Core 2 Duo P8400(2.26GHz) 2048MB 160GB Home Premium(SP1) 19万円前後
VGN-SR51B/S 2スピンドル 追加 Celeron 575(2.0GHz) 2048MB 160GB Home Premium(SP1) 15万円前後
VGN-SR51B/P 2スピンドル 追加 Celeron 575(2.0GHz) 2048MB 160GB Home Premium(SP1) 15万円前後
VAIO type S店頭モデルの概要(その2)
シリーズ名 モデル名 液晶 解像度 チップセット 光学ドライブ GPU TV機能 重量
VAIO type S VGN-SR70B/S 13.3型ワイド 1280×800 Intel PM45 DVDスーパーマルチ Mobility Radeon HD 3470 約1.92キロ
VGN-SR51B/S 13.3型ワイド 1280×800 Intel GM45 DVDスーパーマルチ チップセット内蔵 約1.92キロ
VGN-SR51B/P 13.3型ワイド 1280×800 Intel GM45 DVDスーパーマルチ チップセット内蔵 約1.92キロ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう