ニュース
» 2008年09月30日 16時01分 公開

デル、デスクトップPC「Dimension 2400c/4600c」14万台の電源に不具合の可能性

デルは、2003年に発売された同社製スリムデスクトップPC「Dimension 2400c」「同 4600c」の一部製品について、電源部の接続不良により起動しなくなる症状を引き起こす可能性があると発表した。

[ITmedia]
photo Dimension 4600C/2400C

 デルは9月30日、同社製デスクトップPC「Dimension 2400c」「同 4600c」の一部製品について、電源部の接続不良により起動しなくなる可能性があると発表した。

 該当する製品は、Dimension 2400cが6万台(2003年5月から2004年8月出荷分)、Dimension 4600cが8万7千台(2003年5月から2004年11月出荷分)。上記の電源ユニット不具合が発生した場合には稀に発煙する可能性があるとしているが、同社では「この障害は電源装置の筐体内で終結し、安全上の問題が無いことを確認しています」とアナウンスしている。

 この件に関しデルは、該当製品の電源部に不具合が発生した場合には故障部品を無償で交換する、と告知した。詳細はこちらを参照のこと。

関連キーワード

Dell | 不具合 | 電源ユニット


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう