ニュース
» 2008年09月30日 18時14分 UPDATE

CEATEC JAPAN 2008:「Windowsは壁のない世界をめざす」――マイクロソフト基調講演

CEATEC JAPAN 2008で行われたマイクロソフトの基調講演では、Windows Vista、Windows Mobile、Windows Liveをシームレスにつなぐ「Windows Life Without Walls」を掲げ、コンシューマー市場向けの取り組みを紹介した。

[後藤治,ITmedia]
og_ms_001.jpg マイクロソフト バイスプレジデント オンラインサービス&Windows担当 ブラッド ブルックス氏

 マイクロソフトは9月30日、「CEATEC JAPAN 2008」の基調講演において、Windowsブランドを刷新し、「Windows Life Without Walls 壁のない世界へ。」をコンセプトとして、コンシューマービジネスへの取り組みを強化していくと発表した。

 講演では、マイクロソフトバイスプレジデントオンラインサービス&Windows担当のブラッド ブルックス氏が登壇し、Windowsの現状について「今や毎日10億人以上の人が利用し、それによってアイデアを共有している。これはまさに1つの言語、それはテクノロジーの言語でもあり、人類全体の言語でもある」と語り、Windowsというプラットフォームが「あらゆる壁をのりこえてアイデアを共有できること」「人々に豊富な体験を提供すること」「デバイスや場所を問わず、必要なときに必要な場所で体験できるものであること」という3つの原則をベースにしていると説明した。

 また、現在同社が提供しているWindows Vista、Windows Mobile 6.1、Windows Live Wave 2という3つのプラットフォームを挙げ、人々のデジタルライフスタイルの変化に対応するために、これらのプラットフォーム間にまたがってテクノロジーを提供していくという今後の方針を示した。「我々は非常に野心的なゴール――“壁のない世界”をめざしている。いろいろなデバイスを通じて、ライフスタイル全体のユーザー体験を提供していく」(同氏)。

og_ms_002.jpgog_ms_003.jpgog_ms_004.jpg 「Windowsは企業向けのブランドだと考えられがちだが、もともとはコンシューマー向けに出発した。当初、MS-DOSが最も売れた製品だが、その次はフライトシミュレーターだった」(写真=左)。現在マイクロソフトが提供する3つのプラットフォーム(写真=中央)。ちなみに“Vistaの成功”についても言及していた(写真=右)

3つのプラットフォームをつなぐサービス

 PCとテレビ、携帯電話、インターネットなどの融合をうたう“壁のない世界”は、マイクロソフトだけでなく、そのパートナー企業が提供するサービスによって実現する。基調講演では具体的に3つの事例が紹介された。

 1つめは、PC以外のデバイスとWindows Liveとの連携だ。タッチスクリーン式のWindows Mobile端末「HTC Touch Diamond」とWindows Liveを使い、Touch Diamondで撮影した写真を即座にオンラインフォトサービスにアップロードし、写真を共有する様子を披露したり、ソニーのデジタルフォトフレーム「CP1」を使ってオンラインフォトアルバムから写真をダウンロードし、スライドショーとして表示する用途を提案した。

og_ms_005.jpgog_ms_006.jpgog_ms_007.jpg HTC Touch Diamondで撮影した画像をWindows MobileからWindows Liveのオンラインフォトアルバムにアップロードし、Webブラウザで閲覧してみせた

 2つめは今年6月に発表されたWindows Vistaの地デジ対応だ。番組表の起動やデータ放送の表示などが快適に行えるほか、Windowsが地上デジタル放送に対応したことで、ショッピング番組などと連携した新しいサービスを提供できるようになる。実際にWindows Vistaのサイドバーガジェットから、表示された商品をクリックして放送中のテレビ番組と詳細な情報が掲載されたWebサイトが立ち上がる様子をデモしてみせた。「ユーザーにとって見たいものがテレビにあるのかWebにあるのかを意識せずに、シームレスにコンテンツにアクセスできる」(同社)。なお、地デジ対応のWindows Media Center搭載PCは、すでに発表済みの富士通製品をはじめ、エプソンダイレクトやマウスコンピューター、オンキヨーから順次出荷される予定。

og_ms_008.jpgog_ms_009.jpgog_ms_010.jpg Windows Vista Home Premiumに搭載されるMedia Center機能が地上デジタル放送に対応し、テレビ局側とのインタラクティブなサービスが実現した。Vistaのサイドバーがジェットからショッピング番組に登場した商品の詳細情報を取得したり、放送予定の確認や録画予約などが手軽に行える

 そして3つめが、スカイパーフェクト・コミュニケーションズが提供するSKY Perfect TVの新サービス「スカパー! Netてれび」だ。これはWindows VistaのMedia Centerに機能に対応する有料コンテンツ配信サービスで、Windows Vista Home Premium搭載PCとインターネット環境があれば、SKY Perfect TVの放送番組をインターネット経由で視聴できるようになる。

 なお、スカパー! Netてれびは同日よりサービスを開始し、現時点で「ナショナル ジオグラフィック」や「囲碁・将棋チャンネル」などの4チャンネルを配信、12月には「ディズニージャパン」を追加する予定だという。なお、視聴には専用のプログラムが必要で、同日より無料配布が行われるほか、2009年以降の国内メーカー製PC(NEC、富士通、東芝など)にはプリインストールされる見込みだ。

og_ms_011.jpgog_ms_012.jpgog_ms_013.jpg 「新たなチャレンジでユーザーが身近に感じられるサービスを提供していく」と語るスカイパーフェクト・コミュニケーションズ代表取締役社長の仁藤雅夫氏(写真=左)。Media Centerからスカパー! Netてれびを選択して有料コンテンツが視聴可能になる(写真=中央/写真=右)

 なお、同社がCEATEC JAPAN 2008に出展しているマイクロソフトのブースでは、「忙しいときほど、楽しみたい。」「大切な思い出ほど、見せたくなる。」「身近なシーンほど、ドラマにできる。」「知らないことでも、守ってほしい。」「遠くにいるほど、つながりたい。」「メールは、ひとまとめにしたい」という6つのテーマを挙げ、同社製品によって実現できる新しいデジタルライフスタイルを提案している。

og_ms_014.jpg

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.