ニュース
» 2008年10月01日 17時19分 UPDATE

アイ・オー、低倍速メディアでも8倍速記録可能なBlu-ray Discドライブ

アイ・オー・データ機器は、USB接続対応の外付けBlu-ray Discドライブ「BRD-UH8」、および内蔵型モデル「BRD-SH8B」の2製品を発表した。

[ITmedia]
photo BRD-UH8

 アイ・オー・データ機器は10月1日、USB接続対応の外付けBlu-ray Disc(BD)ドライブ「BRD-UH8」、および内蔵型モデル「BRD-SH8B」を発表した。出荷時期はBRD-UH8が10月下旬、BRD-SH8Bが10月中旬。価格はそれぞれ4万2300円/3万9100円だ。

photo BRD-SH8B

 BRD-UH8およびBRD-SH8Bは、ともにドライブとして日立LGデータストレージ製「BH08N」を採用したBDドライブで、BRD-UH8はUSB 2.0外付け型、BRD-SH8BはSerial ATA内蔵型となるモデルだ。

 2製品とも1層/2層BD-R 8倍速書き込みに対応。また、2倍〜6倍速BD-Rメディアを用いて8倍速書き込みを行えるオーバースピード記録にも対応している。AVCHD/HDV規格もサポートしており、同対応のHDVカメラから取り込んだ動画の編集も可能だ。

 そのほかの対応メディアと書き込み速度は、BD-RE 2倍速書き換え、2層DVD±R 4倍速書き込み、1層DVD±R 16倍速書き込み、DVD+RW 8倍速書き換え、DVD-RW 8倍速書き換え、DVD-RAM 5倍速書き換えをサポートする。対応OSはWindows 2000 Professional(SP4以降)/XP(SP2以降)/Vista(32ビット版)。

関連キーワード

Blu-ray | AVCHD | 動画編集 | Windows Vista


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.