ニュース
» 2008年10月02日 12時12分 UPDATE

エプソンダイレクト、6万円台からのスタンダードノート「Endeavor NJ3100」など2製品

エプソンダイレクトは、Centrino 2構成にも対応するスタンダードノートPC「Endeavor NJ3100」、および低価格スリムタワーPC「Endeavor CM970」を発表した。

[ITmedia]
photo Endeavor NJ3100

 エプソンダイレクトは10月2日、Centrino 2構成にも対応するスタンダードノートPC「Endeavor NJ3100」、および低価格スリムタワーPC「Endeavor CM970」を発表、受注を開始した。BTOカスタマイズに対応、基本構成価格はEndeavor NJ3100が6万9300円、Endeavor CM970が4万8300円(双方税込み)。

 Endeavor NJ3100は、15.4型ワイド液晶を備えるスタンダードノートPCで、基本構成ではCPUとしてCeleron 575(2GHz)を備えるほかCore 2 Duo P8400/P8600/T9400/T9600も選択可能。また、IEEE802.11a/b/g/n(ドラフト2.0)をオプション追加することでCentrino 2準拠とすることもできる。

 液晶ディスプレイ解像度は1280×800ドット(WXGA)のほか1440×900ドット(WXGA+)も選択可能。WXGA+液晶は光沢/非光沢の2タイプを用意している。

 メモリはDDR2 512Mバイト〜4Gバイト、HDDは80Gバイト〜320Gバイト。光学ドライブはDVD-ROM/DVDコンボ/DVDスーパーマルチドライブを搭載可能だ。本体サイズは365(幅)×264(奥行き)×41(高さ)ミリ、重量は約2.7キロ(基本構成時)。OSはWindows Vista Home Basic/Home Premium/Business/Ultimate(SP1)。


photo Endeavor CM970

 Endeavor CM970は、同社製スリムタワーケース採用PC「Endeavor AT970」のバリエーション製品で、搭載OSをWindows XP Home Edition SP3(DSP版)としたのが特徴となるモデルだ。

 ハードウェア構成は現行販売のAT970にほぼ準じており、CPUは、Celeron 430(1.8GHz)/Pentium Dual-Core E2200(2.2GHz)およびCore 2 Duo E7200(2.53GHz)〜E8600(3.3GHz)を選択可能。メモリはDDR2 512Mバイト〜4Gバイト、HDDは80Gバイト〜500Gバイト(最大2基)を内蔵できる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう