ニュース
» 2008年10月06日 14時20分 UPDATE

DFI、P45チップセット搭載のOC向けATXマザー「DK P45-T2RS PLUS」

アスクは、DFI製のP45チップセット搭載マザーボード「LP DK P45-T2RS」の新モデル「DK P45-T2RS PLUS」を発表した。

[ITmedia]
photo DK P45-T2RS PLUS

 アスクはこのほど、DFI製のP45チップセット搭載マザーボード「LP DK P45-T2RS」の新モデル「LP DK P45-T2RS PLUS」を発表、10月6日より発売する。価格はオープン、予想実売価格は2万4800円前後。

 DK P45-T2RS PLUSは、2008年6月に発売されたLP DK P45-T2RSの上位モデルとなるIntel P45+ICH10Rチップセット搭載マザーボード。基本スペックはほぼ同等だが、SATAデバイスの利用台数が6台から8台に増加するなどの細かな改良点が見られる。

 起動時にオーバークロック動作への切り替えを簡単に行える「ABS (Auto Boost System)」を搭載。メモリスロットはDDR2×4本(最大8Gバイト)、拡張スロットはPCI Express x16×2(1(PCI Express x16×1、またはPCI Express x8×2にて動作)、PCI Express x1×1、PCI×2。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう