ニュース
» 2008年10月15日 15時15分 UPDATE

在庫は潤沢:新型MacBookが即日店頭に――アップルストア銀座をのぞいてみた

アップルストア銀座にて、アルミボディの新型MacBook/MacBook Proの販売が開始された。今すぐ触りたい、買いたい、そんな人はアップルストアの店頭へ。

[前橋豪,ITmedia]
tm_0810ap01.jpg 東京銀座の「Apple Store, Ginza」。開店前は特に混雑も見られず、10時とともに5〜6人が来店、次第に来店者が増えていった

 10月15日、アップルストア銀座にて、ボディを一新したMacBookMacBook Proの販売が開始された。全国のApple Storeについても同日より順次販売が開始される(東京以外の地域は物流の関係で販売開始時間が遅れる場合もある)。

 アップルストア銀座の1階には、10時の開店時で新型MacBookが6台、新型MacBook Proが5台展示されており、店内で手にとって試用できる。午前中の店内はまだ混雑しておらず、特に並ばずに展示機が試せる状態だった。店内ではアルミボディを初めて採用した新型MacBookの人気が高く、来店した人々がMacBook Proと同等の質感や、ボタンがない新しいトラックパッドの操作感をチェックしているのが印象的だった。午前中の段階で在庫は潤沢とのことで、購入後そのまま持ち帰ることも可能だ。

 なお、アップルストア銀座にMacBook Airの新モデルは展示されておらず、入荷は後日になるという(オンラインのApple Storeでは11月上旬の出荷予定)。また、LEDバックライトを搭載した24型ワイド液晶ディスプレイのLED Cinema Displayについては、製品の展示こそされていたが、販売開始は11月になる予定だ。

tm_0810ap02.jpgtm_0810ap03.jpgtm_0810ap04.jpg アルミボディになったMacBookのボディはMacBook Proと同様の高級感と剛性感があり、片手でパームレストを握って持ち上げても、たわむことはない(写真=左)。来店者がボタンのないトラックパッドに驚いたり、新機能の4本指を使ったスワイプを興味深く試す様子は、Windows搭載ノートPCには見られない光景だ(写真=中央)。11月に販売が開始される予定のLED Cinema Displayも展示されていた(写真=右)

tm_0810ap05.jpgtm_0810ap06.jpgtm_0810ap07.jpg 15.4型ワイド液晶ディスプレイ搭載のMacBook Proは、MacBookと共通のアルミ板削り出しによる「ユニボディ」を採用(写真=左)。グラフィックス機能は、チップセット内蔵のGeForce 9400Mと外付けGPUのGeForce 9600M GTを備えている(写真=中央)。グラフィックス機能の切り替えはシステム環境設定の「省エネルギー」から行う仕組みで、「バッテリー寿命優先」を選ぶとGeForce 9400M、「パフォーマンス優先」を選ぶとGeForce 9600M GTが使われる(写真=右)。内蔵/外付けGPUの切り替えにはログオフが必要だった

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう