ニュース
» 2008年10月17日 16時34分 UPDATE

KOUZIRO、15.4型ワイド液晶内蔵エントリーノート「NW」シリーズにWindows XPモデルを投入

KOUZIROは、15.4型ワイド液晶を標準装備するエントリーノートPC「NW」シリーズにWindows XPを導入したモデルを発表した。

[ITmedia]
kn_koziro_01.jpg Windows XP Home Editionを導入したKZNWシリーズ

 KOUZIROは10月17日、15.4型ワイド液晶ディスプレイを内蔵したエントリーノートPC「NW」シリーズにDSP版Windows XP Home Edition ServicePack 3を導入した2モデルを発表、本日より販売を開始した。

 ラインアップはCore 2 Duo T8100(2.1GHz)搭載モデルの「KZNW5102」、Celeron 550(2GHz)搭載モデルの「KZNW3102」を用意。ともにHDDとCPU(上位モデルのみ)のBTOカスタマイズに対応する。基本構成価格はKZNW5102が9万9800円、 KZNW3102が7万4800円だ(双方税込み)。

 KZNW5102およびKZNW3102は、ともにIntel GM965チップセット搭載マザーを採用したノートPCで、液晶ディスプレイは光沢15.4インチワイド液晶を装備する。そのほか基本構成スペックは、メモリがDDR2 2Gバイト、HDDが120Gバイト、光学ドライブは2層対応DVDスーパーマルチドライブを内蔵。無線LAN機能はIEEE802.11b/gを装備する。本体サイズは357(幅)×266(奥行)×18.5〜36.3(厚さ)ミリ、重量は2.7キロ。

関連キーワード

神代 | BTO | エントリークラス | Windows XP | ノートPC


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう