ニュース
» 2008年10月27日 12時00分 UPDATE

古田雄介のアキバPickUp!:「複雑すぎてお手上げ」――ショップも困惑気味のグラフィックスカード市場 (1/4)

RADEON HD 4830搭載カードが登場し、進化版のGeForce GTX 260カードが一般化してきた。GPU市場はラインアップが充実し、目的にぴったりフィットするモデルが選べるようになっているのだが……。

[古田雄介,ITmedia]

RADEON HD 4830搭載カードが登場――「そこそこ速いけど、違いを知るのは難しい」

og_akiba_001.jpg MSI「R4830-T2D512-OC」。コアクロックは585MHzに上げられている

 10月24日から、RADEON HD 4800シリーズの下位モデル「HD 4830」を搭載したグラフィックスカードが2種類出回っている。MSIの「R4830-T2D512-OC」は、オーバークロック仕様で1万8000円前後、玄人志向の「RH4830-E512H/HD」はリファレンスどおりのスペックで1万7000円前後だ。在庫はともに少なめ。

 RADEON HD 4830は、HD 4850HD 4670の中間にラインアップされるGPUで、コアクロックは575MHzが標準となる。ストリームプロセッサーは、800個のHD 4850より少ない640個。リファレンスデザインのPCI Express x16カードは、GDDR3メモリを512Mバイト搭載している。6ピンの補助電源コネクタを備えており、消費電力はHD 4850と同じ110ワットとされる。

 入荷した多くのショップで、比較的好調に売れているとの回答を得た。フェイス パーツ館は「性能はHD 4670よりもHD 4850に近く、2万円を切る価格設定が魅力です。ただし、あと3000円程度上乗せすればHD 4850カードが買えるので、まあ、有力な選択肢の1つになっている感じですね」という。

 その一方で、「最近はGPUのラインアップが多くなっているうえ、各GPUに程度の違うオーバークロックタイプが存在します。しかも、同じGPUが知らないあいだに仕様を変更していることすらあるんですよ。もうぼくらでもお手上げなくらいに複雑で、困ります」(某ショップ店員)との声も。

 その“知らないあいだに仕様を変更している”GPUとは、GeForce GTX 260を指す。9月ごろから、シェーダーが増えた新型のGTX 260を採用したカードが出回っているが、仕様変更をはっきりと告知するメーカーはほとんどなく、店側も「知らないあいだに変わっているので、どこから新旧の分け目か分からないんです」(同氏)という。ただし、先週はリードテックから新しい「WinFast GTX 260 EXTREME+」が登場。一部のショップでは従来の同名称製品と比べて2000円程度高くなっているが、パッケージに新型GTX 260の採用を示すシールが張られており、旧型と区別しやすくなっている。価格は4万円前後だ。

 ややカオスな様相を呈しているGPU市場だが、そこで満足のいく製品を選ぶための簡単なコツがあるとか。「普通の人は細かい仕様の違いなんて差を体感できません。ハイエンド志向の人は各種のベンチマークをチェックして選べばいいですが、普通に3Dゲームを楽しむならミドルレンジ、HD映像を見たりVistaを快適に動かしたい程度の使い方なら、エントリークラスの売れ筋を買えばいいんです。売れ筋のGPUは生産量が多いので値頃感が高い。ですから、自然とコストパフォーマンスの高い製品が購入できるわけです」(TSUKUMO eX.)という。

 ちなみに、ミドルレンジクラスの人気GPUでは、RADEON HD 4650とGeForce 9600 GTを挙げるショップが多かった。ただ、エントリークラスのGPUは各ショップで候補がばらけており、売れ筋の特定はやや難しい状況だ。ある店員さんは「ま、エントリーなら1万円前後でパッケージが格好いいやつ選べばいいんじゃない?」と、適当な感じで答えていた。

og_akiba_002.jpgog_akiba_003.jpgog_akiba_004.jpg 玄人志向「RH4830-E512H/HD」(写真=左)。リードテックの「WinFast GTX 260 EXTREME+」。パッケージのシールに「216 stream」と書かれているのが新型だ(写真=中央/右)

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.