ニュース
» 2008年10月29日 11時00分 UPDATE

爆発研究所とユニットコム、GPGPU向けのハイパフォーマンスWS「Bakusoku」

ユニットコムと爆発研究所は、共同企画モデルとなるBTO対応のハイパフォーマンスWS「Bakusoku」シリーズを発表した。

[ITmedia]
photo bakusoku-EMX/G35

 PCショップ「パソコン工房」「フェイス」などを経営するユニットコムはこのほど、爆発研究所との共同企画モデルとなるハイパフォーマンスWS「Bakusoku」シリーズを発表、10月28日より販売を開始した。BTOカスタマイズに対応、価格はエントリー構成モデルの「bakusoku-EMX/G35」が12万4980円から(税込み)。

 Bakusokuシリーズは、“GPGPU向け”をうたうデスクトップWSで、長時間のGPU演算を想定したハードウェア構成を採用。エントリー/スタンダードモデルでは、OSおよびCUDAのインストールと計算環境が設定済みだ(ミドル/ハイエンドモデルではオプション提供)。また、フルカスタマイズでのGPGPU機オーダーにも対応する。

 エントリーモデルのbakusoku-EMX/G35の標準構成スペックは、CPUがCore 2 Quad Q6600(2.4GHz)、メモリがDDR2 4Gバイト、HDDが500Gバイト、グラフィックスカードがGeForce 8500 GTを装備。OSはCentOS5をプリインストールしている。

 またユニットコムは、本製品の発売に合わせGPGPU専用サイトを開設した。製品情報のほか、検証結果や各種イベント情報などを提供していく予定だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう