ニュース
» 2008年10月29日 17時00分 UPDATE

レノボ、SMB向けサーバ「ThinkServer」を発表

レノボ・ジャパンは10月29日に、中小企業向けのサーバ製品「ThinkServer」を発表。同日製品説明会を行い、その概要を紹介した。

[長浜和也,ITmedia]

 ThinkServerの概要を説明したのは、同社マーケティング&広報本部長 執行役員の原田洋次氏だ。原田氏は、ThinkServerの登場で、レノボのハードウェアにおけるラインアップが完成したと述べたうえで、ThinkServerの主なターゲットが、専従の管理者がいない、もしくは、いても少人数である、従業員500〜1000名程度の中小企業であることを説明した。

kn_tsrvr_05.jpgkn_tsrvr_06.jpg 今回発表されたラック型サーバの「RD120」(写真=左)とタワー型「TD100」の“長大”なボディの内部。シャーシ設計はThinkServerのために新たに行われている

 システム管理者がいない企業でもサーバが稼働することを目指したThinkServerのコンセプトを、「とにかく簡単に使える。セットアップできる。簡単に取り扱えるサーバ」と原田氏は語る。そのため、導入、メンテナンス、更新のツールとして「EasyStartup」「EasyManage」「EasyUpdate」といった、「私でも簡単にできました」と原田氏が壇上でアピールするほどに使いやすいソフトウェアが付属する。

 今回発表されたThinkServerのラインアップは、タワー型の「TS100」「TD100/TD100x」と、ラック型の「RS110」「RD120」の4シリーズになる。ThinkServerの命名ルールでは、1つ目のアルファベットがフォームファクタを示し、2つ目のアルファベットがソケットの数を表している。また、数値は百の位がモデルの世代、十の位がラックの厚さ、一の位がテクノロジープロバイダとなる。末尾の小文字はシリーズの中のパフォーマンスモデル、もしくはエントリーモデルに付加される。

 このルールに従うと、TD100xは、タワー型(=T)のデュアルソケット(=D)の、第一世代(=1)(0)のIntelプラットフォームを搭載した(0)ハイパフォーマンス(x)モデルということになる。

kn_tsrvr_01.jpgkn_tsrvr_02.jpg 今回発表されたThinkServerのラインアップ(写真=左)と、説明会で示された命名ルール(写真=右)

 次いで原田氏は、ThinkServerに取り入れられた5つの特徴、「堅牢なテクノロジー」「インストールが容易」「管理が容易」「保守が容易」「周辺機器とソフトウェア」について個別に説明した。

 堅牢なテクノロジーでは、長年の実績があるThinkVantageのノウハウを継承したツールが多数付属しており、それらの設計はIBMが行い、サポートもIBMのアウトソーシングが実施することを紹介、サーバベンダーとしては後発であるレノボのサーバであってもユーザーは安心して使えることをアピールした。

 原田氏が特に時間を長く割いて説明していたのが、保守やサポートに関する項目だ。レノボ・ジャパンはThinkServerのユーザーに対して、「Warranty」「Priority」「Productivity」といった3コースのサポートメニューを用意するほか、スタンドアロンサポートメニュー(保険でいうところの特約のようなイメージ)として、「保守サービスアップグレード・翌営業日対応の期間延長」「オンサイトハードウェアインストール」「オンライントレーニング」「保守サービスアップグレード・同日4時間対応」「オンラインサーバーデータバックアップ」を準備している。

 「Warrantry」を契約すると、優先的な電話対応や上級技術者のサポートなどが利用でき、「Priority」では、加えて4時間対応オンサイト保守サービスが加わる。「Productivity」になるとオンサイトハードウェアインストールとオンライントレーニングが利用できるようになる(なお、4時間対応オンサイト保守サービスとオンサイトハードウェアインストールの利用できるエリアは限れるので注意)。

kn_tsrvr_03.jpgkn_tsrvr_04.jpg ThinkServerのユーザーが選択できる3つのサポートコース(写真=左)と、“特約”として組み合わせられるサポートメニュー(写真=右)

 今回発表されたThinkServerは、そのモデルでもOS、CPU、メモリ容量、HDDなどを自由にカスタマイズできる。ただし、「簡単」というキーワードを重視しているThinkServerでは、ユーザーが簡単に購入するモデルを選べるように、1年翌営業日オンサイトモデルとして6機種を、3年翌営業日オンサイトモデルとして12機種を用意している。

  TS100 TD100/TD100x
OS Windows Server 2003/2008 Windows Server 2003/2008
Windows SBS 2003/2008 Windows SBS 2003/2008
Windows Server Centro Windows Server Centro
Windows Server Datacenter 2003/2008 Windows Server Datacenter 2003/2008
Red Hat Linux Red Hat Linux
Novell Linux Novell Linux
CPU Core 2 Duoシリーズ Xeon 5000シリーズ
Xeon 3000シリーズ  
チップセット Intel 3210+ICH9R Intel 5000+ICH7R
メモリ 1024/2048MB、DDR2-667、800 1024/2048/4096MB、DDR2-667、800
最大メモリ容量 8Gバイト TD100で32GB、TD100xで48GB
ストレージ SS/HS 4台、3.5インチSerial ATA SS/HS 4台、3.5インチSerial ATA
  SS/HS 8台、3.5インチSerial ATA
  5インチドライブベイ 3台
電源ユニット 400ワット、または430ワット 670ワット、または835ワット

  RS100 RD120
OS Windows Server 2003/2008 Windows Server 2003/2008
Windows SBS 2003/2008 Windows SBS 2003/2008
Windows Server Centro Windows Server Centro
Windows Server Datacenter 2003/2008 Windows Server Datacenter 2003/2008
Red Hat Linux Red Hat Linux
Novell Linux Novell Linux
CPU Core 2 Duoシリーズ Xeon 5000シリーズ
Xeon 3000シリーズ  
チップセット Intel 3210+ICH9R Intel 5000+ICH7R
メモリ 1024/2048MB、DDR2-667、800 1024/2048/4096MB、DDR2-667、800
最大メモリ容量 8Gバイト 48GB
ストレージ SS/HS 2台、3.5インチSAS/Serial ATA SS/HS 6台、3.5インチSerial ATA
または、SS/HS 4台、2.5インチSAS SS/HS 8台、3.5インチSerial ATA
5.25インチウルトラスリム 1台 5インチドライブベイ 3台
電源ユニット 350ワット 835ワット

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう