ニュース
» 2008年11月01日 13時00分 UPDATE

古田雄介のアキバPickUp!:“ツクモショック”で消えたアキバ電気街の楽観視 (1/2)

九十九電機のニュースは、秋葉原のPCパーツ店に少なからぬ動揺を与えている。近隣ショップには「ウチは大丈夫です……と、言うように指示されてる」と語る店員もおり、電気街の将来を不安視する声は少なくない。

[古田雄介,ITmedia]

ツクモ系列店の明日、そして電気街の明日は?

og_akibat_001.jpg 九十九電機の旗艦ショップ「TSUKUMO eX.」

 既報のとおり、九十九電機は110億円の負債を抱えて民事再生法の適用を申請した。TSUKUMO eX.などの系列店はその後も通常営業を続けているが、製品の仕入れはすでにストップしている。ある店員さんは「上から“ノーコメント”を貫くように指示されていますが、店舗には何も情報が降りてきていないから、もとからコメントしようがないんですよね」と語る。仕入れの再開や今後の動向などは不透明なままだ。

 九十九電機は店舗の通常営業を続けながら、再建に向けて動き出すとしているが、周辺ショップからは先行きを悲観視する声がいくつかあった。

 あるショップの店長は「一度ショートすると、仕入れ先に信用されなくなります。九十九電機はそれを覆すくらいに体力をつけるしかありませんが、現在の世界的不況の中では難しいでしょう。正直、復活してほしいんですけどね……」と語る。

 また、別の企業に買収されるという予想もある。これについて某ベテラン店員さんは「確かに九十九電機は全国に系列店がある。つまりは、全国のユーザーに向けて製品を販売できる機能を持っている。なので、余力のある代理店やその親会社が買収に乗り出すことは考えられるんですが、でも秋葉原だけで経営していても厳しいのに、地方もってなると、かなりの資金が必要でしょ。その余力を持つ企業が今あるのかどうか……」と声を落とす。

og_akibat_002.jpg 「PCパーツの殿堂」として知られた存在だけに、周囲のショックも大きい

 印象的だったのは、九十九電機について語る各ショップの話しぶりだ。これまでにも、PC-Success高速電脳といった有名PCパーツショップが閉店しているが、その際にはジョーク交じりの楽観的なコメントをする人もいた。しかし、今回はそれがない。同情や何とか復活する手を考える声、「ウチは大丈夫です……と、言うように指示されています」(某ショップ)など、自分の身に降りかかることを懸念する姿勢が大半なのだ。

 あるショップの店員さんは、最悪のシナリオとして次のような予想を語った。「11月3日には石丸電気パソコン館も閉館します。その後、もしもこのまま、純粋な自作PCショップとしては最大規模のTSUKUMO eX.が閉店することになったら、現在のアキバ自作市場にそのショックを払拭するパワーはないかもしれません。そのまま今回の件が、アキバ電気街の終焉(しゅうえん)を告げた出来事として語り継がれるとか……」。

og_akibat_003.jpgog_akibat_004.jpg 11月3日に、駅前に建つ石丸電気パソコン館が閉館する。10月30日から閉館セールを大々的に開催中だ

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.