ニュース
» 2008年11月04日 12時00分 UPDATE

古田雄介のアキバPickUp!:i-RAMの熱狂、再び――DDR2に対応した「ANS-9010」が登場 (1/4)

「マニア向けの製品を売るのはアキバの使命、今は何とかやれている」(店員)。そんなアキバにDDR2メモリをストレージとして使う5インチベイユニット「ANS-9010」が登場し、1時間もしないうちに売り切れた。

[古田雄介&ITmedia アキバ取材班,ITmedia]

とにかく速く、速く、速く!! ――「ANS-9010」に注目が集まる

og_akiba_001.jpg ドスパラ秋葉原本店に張られたANS-9010のPOP

 10月末、ドスパラ秋葉原本店にACARDテクノロジーの5インチベイユニット「ANS-9010」が少数入荷し、1時間もしないうちに売り切れた。価格は4万9800円で、次回入荷は未定。

 ANS-9010はDDR2メモリスロットを8基備えており、4スロットごとにSerial ATA II接続のストレージとして利用できるRAMディスク自作ユニットだ。4スロット×2のストレージでRAID 0が構築できるほか、マシンの電源をオフにしたあとも1時間程度の電源共有が可能なバッテリーを備えている。

 対応するメモリはDDR2 400/533/667/800で、エラーチェック技術「ECC」対応メモリも利用可能。また、ECC非対応メモリもECCエミュレーション機能によって、エラー防止措置をとることもでる。

 一瞬で売り切ったドスパラ秋葉原本店は、「RAMディスク作成ユニットはギガバイトのi-RAMが有名ですが、あちらはDDR対応。ANS-9010はDDR2対応なので、より高速なストレージを作成できるのが魅力。今はDDR2メモリが非常に安くなっているので、一般的なSSDよりさらに早いディスクが手軽に作れるとあって、相当なニーズがあると思います」と語っていた。

 8月にANS-9010のデモを行ったT-ZONE.PC DIY SHOPも同機のデモを再開しており、近日中の入荷を予定している。「i-RAMはデータをバックアップするのにいろいろと手間がかかりますが、ANS-9010なら4ピンの電源コネクタをACアダプターと直結させるなどの対応も可能です。あと、フロントにバックアップ用のCFスロットも備えていますが、こちらは(デモ機で)4時間バックアップしててもまだ終わらない状況。ちょっと現実的な装置じゃないかもしれません」(同ショップ 森田さん)という。

 また、T-ZONE.PC DIY SHOPはインテル初のSLC SSDモデル「SSDSA2SH032G1 32GB」の発売予約も受付中だ。予価は7万9800円で、並行輸入版を11月7〜8日に入荷する予定という。

 これらの“とがった”アイテムについて、別の店員さんは「すごく注目されても、はっきりいって数量はそんなに出ません。それでもニッチなアイテムをメーカーが作り、マニアな人が欲しくなるものを売るのはアキバの使命です。その使命を続けるためにも、数が出る王道アイテムをたくさん売らないとだめなんですよ。今のところは、何とかやれている状況です」と話してくれた。

og_akiba_002.jpgog_akiba_003.jpgog_akiba_004.jpg T-ZONE.PC DIY SHOPで展示中の「ANS-9010」(写真=左/中央)。T-ZONE.PC DIY SHOPが8月に行ったデモ。センチュリーマイクロの4Gバイトモジュール「DDR2-667 4GB ELPIDA Chip」を8枚使って動かしていた(写真=右)

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.