ニュース
» 2008年11月05日 13時00分 UPDATE

エプソンダイレクト、約6万円台からのベーシックノート「Endeavor NJ2150」――XPモデルも用意

エプソンダイレクトは、15.4型ワイド液晶搭載のベーシックノートPC「Endeavor NJ2150」を発表した。

[ITmedia]
photo Endeavor NJ2150

 エプソンダイレクトは11月5日、15.4型ワイド液晶搭載のベーシックノートPC「Endeavor NJ2150」「Endeavor CM2150」を発表、本日より受注を開始する。BTOカスタマイズに対応、基本構成価格はEndeavor NJ2150が5万9640円、Endeavor CM2150が6万2790円(双方税込み)。

 Endeavor NJ2150は、マザーボードとしてSiS M672FX+SiS 968チップセット搭載製品を採用した15.4型ワイド液晶内蔵のエントリー向けノートPCで、CPUはCeleron 575(2GHz)およびCore 2 Duo P8400(2.26GHz)/P8600(2.4GHz)を選択可能。液晶ディスプレイ解像度は1280×800または1440×900ドットから選べる。

 メモリは512Mバイト〜4Gバイト、HDDは80Gバイト〜250Gバイト。光学ドライブはDVD-ROM/DVDコンボ/DVDスーパーマルチを装備可能だ。OSはWindows Vista Home Basic/Home Premium/Business/Ultimateで、Vista BusinessからWindows XPへのダウングレードも行える。

 Endeavor CM2150は、Endeavor NJ2150をベースにOSをDSP版Windows XP Home Edition(SP3)としたモデルで、ハードウェアスペックは上記Endeavor NJ2150に準じている。


 またエプソンダイレクトは、同社製フラグシップモデルのデスクトップPC「Endeavor Pro4500」のOSラインアップに64ビットOSを追加した。新たに、「Windows Vista Ultimate x64bit SP1 正規版」、「Windows Vista Business x64bit SP1 正規版」、および「Windows Vista Business x64 SP1 正規版(Windows XP Professionalへのダウングレード)」の3種類を選択可能となっている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう