ニュース
» 2008年11月06日 20時21分 UPDATE

ナースにTOUGHBOOKはよく似合う (1/2)

パナソニックは、11月6日に医療現場向けの「TOUGHBOOK CF-H1」を発表。製品説明会では、医療現場が抱える問題をCF-H1でいかにして解決していくかが紹介された。

[長浜和也,ITmedia]

グリーン先生!TOUGHBOOKをどうぞ

 パナソニックが「TOUGHBOOK CF-H1」(CF-H1)を開発した背景には、このところ報道されることが多くなった多忙を極める医療現場の問題がある。パナソニックAVCネットワークス社 副社長の伊藤好生氏は、CF-H1が医療現場で利用されることで、人手不足や看護対象者の増加、そして、ペーパーワークなどの管理業務の増加という問題を解決し、業務を効率化することで質の高い看護が提供できると述べる。

 パナソニックは、CF-H1の開発過程において、100施設以上の病院でヒアリングを行い、特にNHS(National Health Service:英国の国営医療保険)と2003年から共同開発を行っている。CF-H1は欧州で2008年12月の発売され、米国で2009年1月、日本では2009年3月から出荷される予定になっている。価格はオープンとされているが、パナソニックは実売価格を26万円程度に想定している。(記事掲載当初、共同開発機関に対する名称に誤りがありました。おわびして訂正いたします)

kn_cmatough_14.jpgkn_cmatough_15.jpgkn_cmatough_16.jpg 「TOUGHBOOK CF-H1」(写真=左)は、ボディと一体化した取っ手やバッテリーパックと電源コネクタ以外にコネクタを搭載していないなめらかでシンプルな側面など(写真=中、右)、医療現場に特化したデザインが特徴だ

kn_cmatough_01.jpgkn_cmatough_02.jpg パナソニックAVCネットワークス社 副社長の伊藤好生氏(写真=左)。CF-H1の開発背景には、多忙を極める医療現場の効率化による質の高い看護サービスの実現が挙げられる(写真=右)

型番 CF-H1ADBAZJJ CF-H1ADBAZCJ CF-H1ADBBZJJ CF-H1ADBBZCJ
OS Windows Vista Business(SP1) Windows Vista Business(SP1)、(XP Tabletダウングレードサービス) Windows Vista Business(SP1) Windows Vista Business(SP1)、(XP Tabletダウングレードサービス)
CPU Atom Z540(動作クロック1.86GHz)
メモリ 1Gバイト
チップセット インテルシステムコントローラハブ
HDD 80Gバイト
液晶ディスプレイ 10.4型ワイド(最大解像度1024×768ドット)
無線LAN IEEE 802.11a/b/g/n(nはドラフト2.0準拠)
Bluetooth 2.0+EDR/Class1
インタフェース クレードルコネクタ、カメラ(有効200万画素)、RF-IFリーダ、非接触スマートカードリーダ、指紋センサー
2次元バーコードリーダ なし なし あり あり
セキュリティチップ TPM1.2
バッテリー駆動時間 約8時間
サイズ 264(幅)×268(奥行き)×34〜58(厚さ)ミリ
重さ 1.5キロ

 パナソニックでは、人手不足や経費節減などの要因によって、ヘルスケア市場におけるモバイルPCの年成長率をワールドワイドで22%と予測している。また、インテルが医療現場向けのモバイルPCプラットフォームとして提唱している「MCA」(Mobile Clinical Assistant)に準拠した端末も、2012年には約18万台になるとパナソニックでは予想しているが、その市場でMCAに準拠するTOUGHBOOKの台数目標として10万台という値を示した。

医療の現場で求められるTOUGHBOOKとは

 パナソニックが100施設以上の病院でヒアリングした結果、医療現場に特化したモバイルPCに求められる機能として、従来のTOUGHBOOKで実現していた「堅牢性能」「軽量」「ワイヤレス接続」のほかに、「使いやすさ」と「保持しやすい構造」が求められていることが分かった。CF-H1では、使いやすさと保持しやすい構造を実現するため、固定された取っ手を取り入れたボディデザインとボディの背面にパームストラップを導入しているが、そのほかに、多種多様の薬液や体液などがホディに付着しても問題なく動作し続けるだけでなく、簡単にふき取れる材質とデザインのボディを開発したという。

kn_cmatough_06.jpgkn_cmatough_07.jpgkn_cmatough_08.jpg CF-H1に反映された「医療現場に特化した」TOUGHBOOKでは、持ち運びに便利な取っ手やふき取りやすい凹凸のないボディ(写真=左)、医療行為中でもすぐに操作できるように指でもデジタイザでも操作できるタブレット方式(写真=中)などが求められた。また、医療施設のどこからでも必要なデータにアクセスできる無線LAN機能や、薬剤や処方せんをチェックできるバーコードリーダなど内蔵も要求されている

kn_cmatough_03.jpgkn_cmatough_04.jpgkn_cmatough_05.jpg 説明会で特に強調されたのが、耐薬品性能と表面をふき取りやすいボディデザインだ。ボディのパネルには薬品に強い性質を持たせた特別な樹脂が開発され、パナソニック内部で1万回というふき取りテストが行われている。また、衛生面からぬぐい残しを排除するため凹凸のないボディラインが採用されたほか、定期的なふき取りを喚起する「クリーニングお知らせ機能」などが導入されている。このツールでは、起動すると画面が黄色に染まり、液晶ディスプレイを実際にふくと通常の画面に戻る仕掛けが取り入れられている

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう