ニュース
» 2008年11月17日 13時03分 UPDATE

LGエレクトロニクス、フルHD対応の24型ワイド液晶ディスプレイ

LGエレクトロニクス・ジャパンは、最大10000:1の高コントラスト表示に対応し、ピボット機構を備えた24型ワイド液晶「W2442PA-BF」を発表した。

[ITmedia]
og_lc_001.jpg W2442PA-BF

 LGエレクトロニクス・ジャパンは11月17日、1920×1080ドットのフルHD表示に対応した24インチワイド液晶ディスプレイ「W2442PA-BF」を発表、11月中旬より発売を開始する。価格はオープンプライス。

 同社独自のF-Engineが搭載するDFC(Digital Fine Contrast)機能により、最大で10000:1の高コントラスト比を実現し、くっきりとしたメリハリのある映像表現を可能にしたのが特徴の1つ(オフ時のコントラスト比は1000:1)。また、2msの応答速度により動きの激しい映像の低残像表示が可能という。液晶パネルはワイドサイズのHD映像コンテンツを全画面に表示できる16:9のアスペクト比を採用。さらに、アスペクト比4:3の映像を、縦横比を維持したまま拡大表示する「4:3 in Wide機能」も搭載する。パネル位置の調整機能には、ハイト機能(上下110ミリ)とチルト機能(前5度/後18度)を備えるほか、画面を90度回転して縦長の文書や表を1画面中に表示するピボット機能にも対応する。

 入力端子は、アナログRGBとDVI-D(HDCP対応)に加えHDMI端子を用意し、Blu-rayレコーダーや次世代ゲーム機などを接続できる。なお、アンダーベゼルには1ワット+1ワットのステレオスピーカーが内蔵される。

関連キーワード

ディスプレイ | コントラスト | DVI | HDCP | 視野角


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう