ニュース
» 2008年11月17日 16時50分 UPDATE

セリング、ZALMAN製FETヒートシンク2製品を発表

セリングは、Radeon HD 4850/同 3850用とRadeon HD 4870用のZALMAN製FETヒートシンクを11月27日より発売する。

[ITmedia]

 発売されるのは、Radeon HD 4850/同 3850搭載グラフィックスカード専用のFETヒートシンク「ZM-RHS50」と、Radeon HD 4870搭載グラフィックスカード専用の「ZH-RHS70」の2製品で、価格はいずれも680円。

 超軽量のアルミ製ヒートシンクに真っ赤なアノダイズメッキ処理を施して耐久性とデザイン性を向上させた。固定方式にプッシュピンを利用したピン固定式を採用するので、簡単に取り付けることが可能だ(プッシュピンは付属する)。

 ZALMAN製の高性能GPUクーラーユニット「VF1000-CU-LED」、または、ゲーマー向けGPUクーラーユニット「GV1000」と組み合わせることで、グラフィックスカードの静音化と効率的な冷却を実現するほか、他社製のGPUクーラーユニットとの組み合わせや単独での使用でも効果的な冷却が可能とセリングでは説明している。

kn_zal_01.jpg

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう