ニュース
» 2008年11月19日 22時18分 UPDATE

実売3万5000円:日本サムスン、1920×1200ドット表示の22型ワイド液晶を発売

日本サムスンは、1920×1200ドット表示に対応した22型ワイド液晶ディスプレイ「SyncMaster T220P」を11月末に発売する。

[ITmedia]
og_sync_001.jpg

 SyncMaster T220Pは、22型ワイド液晶パネルを搭載しつつ、24型クラスに匹敵する1920×1200ドット表示に対応した液晶ディスプレイだ。実売価格は3万5000円前後が予想される。

 筐体カラーには鮮やかで深みのあるローズブラックを採用。額縁部分を透明なフレームで覆うことで、光の加減や見る角度によって表情を変えるデザインを実現した。入力端子にはDVI-I(HDCP対応)とアナログRGBの2系統を装備。液晶パネルのスペックは、コントラストが比1000:1(ダイナミックコントラスト50000:1、応答速度が5ms、輝度が300カンデラ/平方メートルで、視野角は上下160度/左右170度だ。なお、OSD操作用ボタンは左側面に搭載されている。

 本体サイズは、スタンド装着時で520(幅)×74.5(奥行き)×373.5(高さ)ミリ、重量は5.4キロ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう