ニュース
» 2008年11月26日 16時20分 UPDATE

コレガ、WQXGAまでサポートするデュアルリンクDVI対応のPC切り替え器

コレガは、WQXGA解像度をサポートするDVI対応PC切り替え器「CG-PC4KDLMCA」「CG-PC2KDLMCA」を発表した。

[ITmedia]

 コレガは11月26日、DVI対応のPC切り替え器「CG-PC4KDLMCA」「CG-PC2KDLMCA」を発表、11月下旬より発売する。価格はCG-PC4KVMCAが3万5175円、CG-PC2KDLMCAが2万4990円(双方税込み)。

photophoto CG-PC4KDLMCA(左)、CG-PC2KDLMCA(右)

 CG-PC4KDLMCAおよびCG-PC2KDLMCAは、それぞれ4台/2台のPCを1組のコンソールで操作可能とするPC切り替え器で、キーボード/マウス/オーディオ/DVI接続対応ディスプレイを切り替え利用することができる。またUSBハブを2ポート装備しており、周辺機器も接続可能だ。

 デュアルリンクDVIに対応しており、最大2560×1600ドット(WQXGA)表示をサポートした。キーボードおよびマウスは、PS/2とUSBに両対応。切り替えは本体ボタンのほかキーボードのホットキーでも実行可能だ。


photo CG-UMPC2UKM

 またコレガは、USBキーボード/USBマウス切り替え器「CG-UMPC2UKM」を発表、11月下旬より発売する。価格は3990円(税込み)。

 CG-UMPC2UKMは、1組のUSBマウス/キーボードを2台のPCで切り替え共有可能とする切り替え器。PCのほか、PlayStation 3/Xbox 360などでも利用可能となっている(Xbox 360はキーボードのみ)。

 切り替え動作はキーボードのホットキーのほか、マウスボタン同時押し、スクロールボタン、カーソル移動の4方式での切り替えが可能だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.