ニュース
» 2008年12月12日 11時41分 UPDATE

デル、Atom搭載ミニノート「Inspiron Mini 12」にXPモデルを追加

デルは、Atom搭載の低価格ミニノート「Inspiron Mini 12」にXPモデルを追加、提供を開始した。

[ITmedia]
photo Inspiron Mini 12

 デルは12月12日、Atom搭載の低価格ミニノート「Inspiron Mini 12」のカスタマイズオプションにWindows XP Home Edition(SP3)を追加した。標準構成価格は“プラチナパッケージ”モデルが6万4980円、“Office+SD16GBメモリ付きパッケージ”モデルが7万9980円だ。

 Inspiron Mini 12は、12.1型ワイド液晶を装備するAtom搭載の上位ミニノートPC。10月の発表時点では搭載OSはWindows Vista Home Basicのみとしていたが、12月3日にはUbuntu搭載のベーシックモデルを追加。さらに今回、Windows XP Home Editionも加えたことでOSのバリエーションは計3種類となっている。なお、ハードウェア構成については従来モデルと同様だ。


 またデルは、8.9型ワイド液晶搭載のミニノート「Inspiron Mini 9」に、Office搭載パッケージを追加した。Atom N270/1Gバイトメモリ/16GバイトSSD/Windows XP Home Edition(SP3)/Office Personl 2007搭載構成時の価格は5万4980円となっている。

関連キーワード

Inspiron | Dell | Atom | Office | Windows XP | カスタマイズ | SSD | Windows Vista


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう