特集
» 2008年12月12日 18時30分 UPDATE

複合機08-09年モデル徹底検証:第3回 写真も年賀状も高速印刷がいい――複合機7モデルのスピードは? (1/3)

2008年末の最新複合機を検証する特集も中盤戦に突入。第3回はエプソン、キヤノン、日本HPの注目モデル7台を集め、写真や文書、はがきの印刷速度を比較する。

[榊信康,ITmedia]

最速の家庭向け複合機はどれだ!?

 印刷速度は、プリンタを快適に使用するために欠かせない要素だ。画質との兼ね合いもあるが、同程度の印刷品質であれば、速いに越したことはない。前回は複合機の機能と使い勝手をチェックしたが、最後の印刷がもたつくとストレスがたまってしまうだろう。そこで、特集の第3回は主に使用されるであろう印刷シーンを想定し、印刷に要する時間を計測した。

 検証する複合機は合計7台で、エプソンの「EP-901F」「EP-801A」「PM-A840S」、キヤノンの「PIXUS MP980」「PIXUS MP630」「PIXUS MP620」、日本ヒューレット・パッカードの「HP Photosmart C6380 All-in-One」とハイエンドを中心に注目のモデルを集めている。

本特集で比較・検証する複合機7モデル
製品名 メーカー 液晶モニタ インク構成 スキャナ 実売価格
EP-901F エプソン 3.5型 染料6色(シアン、ライトシアン、マゼンタ、ライトマゼンタ、イエロー、ブラック) 4800×4800dpi(CIS) 4万円台前半
EP-801A エプソン 2.5型 染料6色(シアン、ライトシアン、マゼンタ、ライトマゼンタ、イエロー、ブラック) 2400×4800dpi(CIS) 2万円台半ば
PM-A840S エプソン 2.5型 染料6色(シアン、ライトシアン、マゼンタ、ライトマゼンタ、イエロー、ブラック) 1200×2400dpi(CIS) 2万円前後
PIXUS MP980 キヤノン 3.5型 染料5色(シアン、マゼンタ、イエロー、グレー、ブラック)+顔料1色(ブラック) 4800×9600dpi(CCD) 3万円台前半
PIXUS MP630 キヤノン 2.5型 染料4色(シアン、マゼンタ、イエロー、ブラック)+顔料1色(ブラック) 4800×9600dpi(CIS) 2万円台半ば
PIXUS MP620 キヤノン 2.5型 染料4色(シアン、マゼンタ、イエロー、ブラック)+顔料1色(ブラック) 2400×4800dpi(CIS) 2万円台後半
HP Photosmart C6380 All-in-One 日本HP 2.4型 染料4色(シアン、マゼンタ、イエロー、ブラック)+顔料1色(ブラック) 4800×9600dpi(CIS) 2万台半ば

PCのテスト環境
CPU Pentium 4 3.2G
チップセット Intel 875P Express
メモリ 2Gバイト
グラフィックス Radeon X1650
OS Windows XP Home Edition(SP3)

 計測の内容は大別して、A4モノクロ印刷、L判カラー印刷、A4カラーコピー、自動両面印刷の4パターンだ。詳細については各項で述べることにする。印刷品質の設定と使用する用紙は適宜変更を行うが、それ以外の項目はプリンタドライバのデフォルト設定を使用した。テストに用いたPCは右表の通りで、少々古めのWindows XP搭載機だ。

 なお、印刷品質の設定に対する印刷解像度は、メーカーによっては公表していないため、同じ「きれい」の設定であっても、プリントエンジンやそれがもたらす画質の違いなどによって、印刷解像度は異なる。したがって、厳密には純粋な横並び比較とはいいがたい部分もあるのだが、各モデルでどの印刷品質に設定したら印刷時間がどれくらい必要なのかをチェックしてほしい。

PCからA4普通紙にモノクロ文書を印刷

 まずはPCを使用して、A4サイズのモノクロ文書を印刷した。原稿はJEITA規格のプリンタ用標準テストパターン「JEITA J1」を用いている。用紙はA4普通紙を使い、プリンタドライバの印刷品質設定は「標準」と「標準より1つ下位」のモードを選択した。計測した時間は、複合機で用紙が引き込まれた瞬間から、排紙が完全に終了する瞬間までだ。Windows上のアプリケーションで印刷を実行してから、給紙が開始されるまでの待ち時間は含めていない。

tm_0812mfp3_01.jpgtm_0812mfp3_02.jpg PCからモノクロ文書をA4用紙に印刷した場合の速度。左が標準より1つ下位の印刷速度、右が標準設定の印刷速度だ

 予想できたことだが、結果はどの製品も例外なく高速だった。「標準」モードの設定では、PM-A840Sが11秒弱とやや遅れたが、それ以外は7〜8秒程度におさまっており不満がない。「標準より1つ下位」のモードでは、EP-901FとEP-801A、C6380が高速で、それに小差でMP980とPM-A840Sが続く。MP620とMP630はほかの製品よりもややスピードが落ちているが、そのぶん、ほかの製品よりも画質が高い。印刷品質の設定をもう1段階下げれば、画質も速度も他製品並みになる。実際に利用する場合は、印刷品質の設定を複数試して、画質と速度のバランスを取るといいだろう。

 なお、50枚ほど連続して出力すると、プリントヘッドのクリーニング時間や給紙機構の違いによる差が出てくるだろうが、今回集めた7台は家庭向け複合機であり、大量印刷が前提のオフィス用ドキュメントプリンタではないので割愛した。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-