レビュー
» 2008年12月26日 11時11分 UPDATE

魅惑的なアートの群れ:性能とデザインを自分色に染められるデルの「Studio 15」で年を越す (1/3)

スタイリッシュなデザインにHDMI出力端子を搭載し、豊富なデザイン天板を備えた異色のノートPC「Dell Studio 15」の新モデルを徹底解剖した。

[富永ジュン,ITmedia]

着々とBTOメニューの選択肢が増強されるミドルレンジノートPC

 デルの「Studio」シリーズは、エントリーからミドルレンジ向けのパーツを豊富にそろえたBTOメニューと、スタイリッシュなデザイン性を兼ね備えたラインアップだ。そのノートPCには、AMDプラットフォームを採用した15.4型ワイド液晶ディスプレイ搭載の「Studio 1536」、インテルプラットフォームを採用した「Studio 15」、そして17型ワイド液晶ディスプレイを装備した「Studio 17」の3モデルで構成されている。いずれもHDMI出力端子を標準で持ち、フルHD液晶やBlu-ray DiscドライブをBTOで選択可能な「マルチメディアノート」としての用途が前面に打ち出され、エントリー向けの「Inspiron」シリーズや、ゲーマー/ハイエンドユーザー向けの「XPS」シリーズ、Netbook「Inspiron Mini」シリーズといった異なるブランドのノートPCと差別化が図られている。

 今回は、その中から2008年10月にプラットフォームを一新して、パフォーマンスと機能の強化が行われた「Studio 15」を紹介しよう。このリニューアルでは、ボディデザインやマルチメディアノートとしての方向性はそのままに、最新の「Centrino 2 プロセッサー・テクノロジー」に対応して基本性能を高めたほか、eSATA/USB共有ポートの追加をはじめ、バックライト付きキーボードや天板デザインの追加など、さまざまな変更がなされている。

チップセットを一新して新世代モデルにリニューアル

ht_0812ds01.jpg プラットフォームを一新したStudio 15

 2008年6月に初号機が登場したStudio 15だが、従来モデル(“プチぜいたく”を味わえるミドルレンジノートPC――デル「Studio 15」)からの飛躍として、内部システムの一新が挙げられる。具体的には、Intel GM965/PM965 Expressチップセットから、新世代のIntel GM45/PM45 Expressチップセットに更新された。オンボードグラフィックス選択時はGM45、外付けGPU選択時はPM45型番のチップセットを搭載するのは従来機と同様だ。GPUの選択肢がATI Mobility Radeon HD 3450(グラフィックスメモリは256Mバイト)から変化がないのは寂しいところだが、オンボードグラフィックスがHD動画のハードウェアアクセラレーション機能に対応したIntel GMA 4500MHDになったことで、より安価に本機を購入可能になったのは見逃せない(従来はBD-ROMドライブ選択時は外付けGPUの選択が必須だった)。

 スロットイン方式の光学ドライブには、DVDスーパーマルチドライブかBlu-rayコンボドライブ(Blu-ray Discへの書き込み不可)のいずれかを選択できる。手近にある大画面テレビにHDMIケーブル1本で接続して、DVD-VideoやBlu-ray Discタイトルを気軽に楽しめるのは前モデルと変わりない。

ht_0812ds02.jpg 外付けGPUにはヒートシンクが装着されている
ht_0812ds03.jpg こちらはオンボードグラフィックス(Intel GM45 Express)の内部基板
ht_0812ds04.jpg ExpressCardスロットに収納可能な赤外線リモコンが付属する

 メモリはDDR3-SDRAMではなく、DDR2のままだが(容量は2/3/4Gバイトから選べる)、CPUはすべてFSB 1066MHzサポートとなり、Core 2 Duo T9400(2.53GHz/2次キャッシュ6Mバイト)を筆頭に、TDPが25ワットに下がったCore 2 Duo P8600(2.4GHz/2次キャッシュ3Mバイト)かP8400(2.26GHz/2次キャッシュ3Mバイト)に高速化された。細かいところでは、ACアダプタが同社の大企業向けモデルLatitudeシリーズと共通のスリムタイプに変更され、取り回しがよくなった。

 そのほか、Serial ATA HDDは320/250/160Gバイトから(いずれも5400rpm)、無線LAN機能はIEEE802.11b/g(Dell Wireless 1397)、IEEE802.11a/b/g/n(Intel WiFi Link 5100、Intel WiFi Link 5300)の3種類から選択できる。Bluetooth 2.0+EDRや指紋認証デバイスの追加、Webカメラの内蔵、9セルバッテリー(標準は6セル)の追加などもBTOオプションに用意されている。ちなみにOSはWindows Vistaのみで、 Ultimate(SP1)/Home Premium(SP1)/Home Basic(SP1)の32ビット版から選ぶ形だ。

ht_0812ds05.jpght_0812ds06.jpg 新型ACアダプタのサイズは65(幅)×127(奥行き)×16(厚さ)ミリ、2ピンタイプの電源ケーブル込みで約330グラムある(写真=左)。奥が容量11.1ボルト 56ワットアワーの6セルバッテリー(最大約5時間14分駆動)で、手前が11.1ボルト 85ワットアワーの9セルバッテリー(最大約7時間36分駆動)。9セルバッテリー装着時は底面にバッテリーが出っ張る形になる(写真=右)

ht_0812ds07.jpght_0812ds08.jpg インタフェースは、左側面のUSB端子がeSATA共用となったほかは従来機を継承している。主な端子は左右両側面に振り分けられており、前面(写真=左)と背面(写真=右)はすっきりしている

ht_0812ds09.jpght_0812ds10.jpg 左側面には無線LANの電源スイッチ、HDMI(Ver.1.2a準拠)、アナログRGB、2基のUSB 2.0(うち上部はeSATA共用)、ギガビット対応の有線LAN、サウンド、ExpressCardスロット、SDメモリーカード/メモリースティック/xDピクチャーカード対応のメモリカードスロットが並ぶ(写真=左)。右側面には4ピンのIEEE1394と2基のUSB 2.0がある(写真=右)

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.