速報
» 2009年01月08日 11時41分 UPDATE

2009 International CES:軽くて薄いAtom搭載の「VAIO P Series」がCESで登場

米Sonyが1月7日(日本時間1月8日)に行った2009 Internatonal CES開幕前日のPress Conferenceで、新しい超小型のVAIOを披露した。

[長浜和也,ITmedia]

 米Sonyが1月7日(日本時間1月8日)に行った2009 Internatonal CES開幕前日のPress Conferenceで、新しい超小型のVAIOを披露した。すでにティーザー広告が展開されていた機種と思われる。詳しい解説はのちほど掲載する記事で行うが、まずは、画像でその姿を紹介しよう。

kn_sonypress_01.jpg 米Sony Electronics COOのスタン・グラスゴー氏が手にする新しいVAIO
kn_sonypress_02.jpg VAIO P Seriesの概要。重さ1.4ポンド、IEEE 802.11n対応、BluetoothとGPS、Webカメラを内蔵する

kn_sonypress_03.jpg 展示されていたVAIO P Series。POPにはQuick Bootができるインスタントモードを実装すると書かれている
kn_sonypress_05.jpg 親指タイピングをするにはちょっと横幅が長いようだ

kn_sonypress_04.jpg 展示されていたカラーバリエーションのうち、こちらは赤系統のもの
kn_sonypress_07.jpg 展示されていたカラーバリエーションのうち、こちらは緑系統のもの

kn_sonypress_06.jpg 本体の重さは1.4ポンドと1キロを切る。ポインティングデバイスにスティックタイプを採用しているのも、この種類のノートPCでは珍しい
kn_sonypress_10.jpg 前面と底面

kn_sonypress_08.jpg 左側面
kn_sonypress_09.jpg 右側面

kn_sonypress_11.jpg なぜか持っていたスケールを並べてみる。まずは横幅
kn_sonypress_12.jpg 次に奥行き

kn_sonypress_13.jpg キーボードにも置いてみた
kn_sonypress_14.jpg ここまできたら、ディスプレイの対角線も測ってみよう

kn_sonypress_15.jpg この展示サンプルはHDDを搭載していた
kn_sonypress_16.jpg CPUはAtom Z520(1.33GHz)を搭載している。メモリ容量は2Gバイトだった

kn_sonypress_17.jpg このサンプルで動かしてみたWindows Experience Index
kn_sonypress_18.jpg このサンプルで表示させたデバイスマネージャーの情報

kn_sonypress_19.jpg グラフィックスコアはIntel GMA 500を利用している。画面の解像度は1600×768ドット

関連キーワード

CES | VAIO | VAIO P Series Lifestyle PC | Atom | GPS | ノートPC


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.