ニュース
» 2009年01月09日 08時00分 UPDATE

2009 International CES:グラスゴーさんが紹介した「VAIO P Series」

1月7日(日本時間の1月8日)は、VAIO type Pで全世界が盛り上がった日として、多くの人の記憶に残るだろう。米国で紹介された「VAIO P Series」もここで触れておきたい。

[長浜和也,ITmedia]

「あの演出」は明日に持ち越したVAIO P Series関連スピーチ

kn_sonypday_05.jpg Sony Press Conferenceのスピーカーを務めたスタン・グラスゴー氏

 International CESの開催前日に行われた「Sony Press Conference」は毎年恒例のソニーブース事前公開イベントで、これまでも、「白くて円いTP1」など日本で未発表のVAIOが登場することで、日本のPCユーザーにも注目されている。

 2009年のSony Press Conferenceでは、すでに多数の記事で紹介されているVAIO type P(米国名はVAIO P series Lifestyle PC)が正式発表の2時間前にその姿を現した。すでに、日本でも発表会が行われ、詳しいコンセプトやその特徴などがソニー自身から紹介されている。

 繰り返しになるが、ここでもSony Press Conferenceのスピーカーを務めたSony Electronics COOのスタン・グラスゴー氏がピックアップしたVAIO P Seriesの特徴をまとめておこう。

軽くて薄いフルファンクションの「ノートPC」だ

 「ソニーはコンシューマーユーザーの声に耳を傾け、ユーザーが“こうしてほしい”という要求に応え続けていく」とグラスゴー氏が述べたSony Press Conferenceは、家庭で使われるソニー製品を「In the Home」「Out of Home」と分けて紹介した。

 当然ながら、VAIO P Seriesは「Out of Home」のセクションで登場している。グラスゴー氏はVAIO P Seriesの特徴について、まず、1.5ポンド以下という軽さとジャケットのポケットに十分入る小さくて薄いボディなのに、Windows Vistaが動くフルファンクションの「notebook PC」であることを挙げている(期待された“スーツのポケットから取り出す”演出はなかったが)。

 次いで、グラスゴー氏が紹介したVAIO P Seriesの特徴が、「built-in wireless WAN 3G Mobile Broadband」で実現する屋外における複数の種類が実装された無線接続機能と、内蔵するGPSと連動した周辺情報の検索が簡単に行えること、そして900ドルという価格だ。特に屋外における無線接続については、WWAN、無線LAN、Bluetoothと異なるモジュールを搭載することで、ユーザーが移動した先で使える最も適した無線接続が利用できる紹介している。

kn_sonypday_01.jpgkn_sonypday_02.jpg グラスゴー氏のスピーチの直前までいかにも意味ありげに空いていたブースも……

kn_sonypday_03.jpgkn_sonypday_04.jpg びっしりと人が取り付いて身動きできない状況に。何とか取り付いてVAIO P Seriesの撮影を終えたあとも出るに出られず、しょうがないので「人の足のすき間をほふく前進」でようやく脱出できたのは本当の話だ

「共有サイト」との連携が強化されたソニー製品

 Sony Press Conferenceのスピーチでは、VAIO P Seriesのほかにも、「Sony BRAVIA Internet Video Link content」を利用して、ネットワークで共有されている動画の再生や、Yahoo! Widget Engineをサポートする「BRAVIA Internet Widgets」を実装したBRAVIA XBR9シリーズや、撮影したMP4ファイルや静止画を直接共有サイトにアップロードできる「Webbie HD」カメラの新製品2モデル「MHS-CM1」「MHS-PM1」、搭載するストレージデバイスの容量を増やしたハンディカムの新製品「HDR-XR520V」「HDR-XR500V」「HDR-XR200V」「HDR-XR100」などが続けて紹介された。

kn_sonypday_10.jpgkn_sonypday_11.jpg BRAVIA Internet Video、BRAVIA Internet Widgets、そして、Motionflowに対応した「BRAVIA XBR9」と、省電力を抑え、周辺の明るさにあわせて輝度を自動調整する機能を持たせた「Eco BRAVIA」シリーズ

kn_sonypday_08.jpgkn_sonypday_09.jpg カラフルなデザインにも注目したいWebbie HDシリーズの新製品と240GバイトのHDDを搭載したHDR-XR520V

kn_sonypday_06.jpgkn_sonypday_07.jpg Walkmanケータイとして紹介されたW508とCybershotケータイとして紹介した「C510」。C510でも共有サービスとの連携がアピールされていた

 2009 International CESで展示される製品と翌日の朝に予定されているソニーCEOのハワード・ストリンガー氏によるキーノートスピーチの「予告編」ともいえるグラスゴー氏のスピーチ(本人も“詳しくはストリンガーの基調講演で”と繰り返し述べていた)だが、VAIO P Seriesをはじめとして、大いに興奮させられたSony Press Conferenceだった。

関連キーワード

CES | VAIO | VAIO P Series Lifestyle PC | Atom | GPS | ノートPC


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう