ニュース
» 2009年01月19日 13時00分 UPDATE

2009年PC春モデル:東芝のNetbook「NB100」にSSDモデル登場

東芝は、1月19日にAtom搭載のノートPC「NB100」新製品2機種を発表した。出荷開始はSSD搭載モデルが2月上旬、HDD搭載モデルが1月下旬の予定だ。

[ITmedia]
kn_nbssd_01.jpg 新たに登場したSSD搭載のNB100/HFはボディカラーにシャンパンゴールドを採用した

 NB100シリーズの新製品として今回登場するのは、上位モデルの「NB100/HF」と下位モデルの「NB100/H」だ。実売予想価格は、NB100/HFが8万円前後、NB100/Hが7万円前後とされている。

 NB100/HFは、ボディカラーにシャンパンゴールドを採用し、データストレージに64GバイトのSSDを搭載したのが特徴だ。OSもWindows Vista Home Basic(SP1)を導入している。本体重量が約1040と従来モデルとほぼ同じ(10グラム軽くなっている)だが、バッテリー容量は3.7ボルト2700ミリアンペアアワー、バッテリー駆動時間は約5.0時間と大幅に改善された。

 NB100/Hは、従来モデルと同様にHDDを搭載するが、その容量は160Gバイトと強化された。本体重量は1070グラムとわずかに増えたものの、バッテリー駆動時間は3.7時間とこちらも従来モデルから改善されている。導入されているOSはWindows XP Home Edition (SP3)。

 そのほかのスペックは、NB100/HFもNB100/Hも従来モデルとほぼ共通する。CPUはAtom N270(1.60GHz)、メモリ容量は1Gバイト(最大容量も同じ)、8.9型ワイドの液晶ディスプレイを搭載して(最大解像度は1024×600ドット)、ボディサイズは225(幅)×190.5(奥行き)×29.5〜33(厚さ)ミリ。

 無線接続はIEEE 802.11b/gとBluetooth Ver.2.1+EDRをサポートするほか、USB 2.0×3、5-in-1カードスロット、アナログRGB出力、Webカメラ(有効画素30万画素)を搭載する。本体に用意されたUSB 2.0インタフェースでは、従来モデルと同様にNB100の電源がオフでも接続した周辺機器のバッテリーが充電できる機能を持たせている。

関連キーワード

dynabook | NB100 | 東芝 | Netbook | ノートPC | Atom | モバイルPC


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう