ニュース
» 2009年01月22日 11時13分 UPDATE

東芝、「dynabook SS RX2」Webオリジナルモデルなど2製品

東芝は、Web直販オリジナル構成モデルとなる「dynabook SS RX2」「dynabook NXW」2製品を発表した。

[ITmedia]
photo dynabook SS RX2

 東芝は1月22日、Web直販オリジナルモデルとなる「dynabook SS RX2」「dynabook NXW」の新モデルを発表、本日より順次販売を開始する。

 dynabook SS RX2のWeb直販モデルは、店頭モデルからスペックを強化。搭載CPUをCore 2 Duo SU9400(1.4GHz)としたほか、標準でBluetooth 2.1+EDRも装備した。

 ラインアップは3製品で、160GバイトHDD搭載モデルの「dynabook SS RX2/W7H」、160GバイトHDD/KDDI CDMA 1X WIN通信モジュール搭載モデルの「dynabook SS RX2/W7HG」のほか、ストレージを128GバイトSSDとしたモデル「dynabook SS RX2/W9H」も用意する。OSとしてWindows Vista Business(SP1)。価格はそれぞれ24万2800円/26万2800円/26万9800円から(いずれも税込み/以下同様)。


photo dynabook NXW

 dynabook NXWの新モデルは、OSとしてWindows Vista Business(SP1)を導入したほか、Bluetoothも標準装備。メモリは3Gバイト、HDDは250Gバイトを搭載している。搭載CPUはCore 2 Duo SU9300(1.2GHz)。ディスプレイは1280×800ドット表示対応の12.1型ワイド液晶を備える。

 ラインアップはカラーバリエーション2色を用意。グラマラスブラックの「dynabook NXW/76HBW」、ノーブルホワイトの「dynabook NXW/76HPW」を取り揃えた。価格は双方18万2800円から。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう