ニュース
» 2009年01月27日 11時58分 UPDATE

東芝、WebオリジナルのベーシックノートPC「dynabook Satellite EXW」

東芝は、WebオリジナルのベーシックノートPC「dynabook Satellite EXW」を発表。店頭モデル「dynabook EX」をベースにCPUを強化した。

[ITmedia]
photo dynabook Satellite EXW

 東芝は1月27日、WebオリジナルのベーシックノートPC「dynabook Satellite EXW」を発表、本日より受注を開始する(出荷開始は2月中旬より順次)。価格は、Core 2 Duo搭載モデルの「dynabook Satellite EXW/57HW」が12万9900円から、Celeron搭載モデルの「dynabook Satellite EXW/55HW」が10万7900円から(双方税込み)。

 dynabook Satellite EXWは、2009年春の店頭モデルとなるベーシックノートPC「dynabook EX」をベースとしたWebオリジナルモデルで、店頭モデル同様に2モデルを用意。それぞれ搭載CPUをCore 2 Duo P8600(2.4GHz)/Celeron 585(2.16GHz)に強化したのが特徴だ。

 液晶ディスプレイは1280×800ドット表示対応の15.4型ワイド液晶を内蔵。搭載メモリは2Gバイト〜4Gバイト(4Gバイト搭載はEXW/57HWのみ)、HDDは250Gバイト、光学ドライブはDVDスーパーマルチドライブを装備する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.