ニュース
» 2009年01月27日 14時00分 UPDATE

2009年PC春モデル:Centrino 2を採用し耐久性も高めた薄型軽量モバイルノート――「VAIO type G」

ビジネス向けモバイルノートPC「VAIO type G」の2009年春モデルは、プラットフォームがCentrino 2に進化し、堅牢性や放熱性、静音性も強化された。

[ITmedia]

フルモデルチェンジを果たしたVAIOビジネスモバイル

tm_0901typeg3n01.jpg 店頭モデルの「VGN-G3KANB」はブラックのカラーを採用

 ソニーは1月27日、12.1型スクエア液晶ディスプレイ搭載のビジネス向けモバイルノートPC「VAIO type G」の2009年春モデルを発表した。2月7日に発売される予定の店頭販売向けモデルは、オフィススイート付属の「VGN-G3KANB」を用意。価格はオープン、実売価格は20万円前後と予想される。

 基本スペックは、プラットフォームをCentrino(開発コード名:Santa Rosa)からCentriono 2(同:Montevina)に世代交代し、全面的に強化された。CPUはCore 2 Duo U7600(1.2GHz/2次キャッシュ2Mバイト/システムバス533MHz)からCore 2 Duo SU9300(1.2GHz/2次キャッシュ3Mバイト/システムバス800MHz)に、チップセットはIntel 945GMS ExpressからIntel GS45 Expressに、メインメモリは2GバイトのDDR2-533 SDRAM(オンボード1Gバイト+モジュール1Gバイト)から2GバイトのDDR3-800 SDRAM(モジュール2Gバイト×1)に、HDDは100Gバイト/4200rpmの1.8インチUltra ATAドライブから120Gバイト/5400rpmの1.8インチSerial ATAドライブにそれぞれ変更されている。一方、オフィススイートは、Office 2007 Personal with PowerPoint 2007からOffice Personal 2007となった。

 光学ドライブは従来同様、DVD±R DL対応のDVDスーパーマルチドライブだ。液晶ディスプレイは1024×768ドット(XGA)に対応したノングレアタイプの12型スクエアパネルを搭載し、スムーズな開閉が行えるように可変トルクヒンジを採用した。照度センサーも内蔵し、周囲の明るさに応じて輝度を自動調整する機能も持つ。

tm_0901typeg3n02.jpg キーボードはキーピッチが約17ミリ、ストロークが約2ミリ

 ネットワーク機能は1000BASE-Tの有線LAN、IEEE802.11a/b/g/n(11nはドラフト準拠)の無線LAN、Bluetooth 2.1+EDR、モデムを装備。主なインタフェースは、USB 2.0×3、アナログRGB出力、メモリースティックPRO/SDメモリーカード(SDHC)対応スロット、TypeII×1のPCカードスロット、FeliCa 2.0ポート、指紋センサー、セキュリティチップ(TPM)を備えている。

 ボディのデザインは従来機をベースとしているが、天板のカーボンファイバーを5層から6層に強化して約1.5倍の強度を確保したほか、ボディ4隅の強度も高め、データストレージのすべてのコーナーに衝撃を吸収する強化ラバーを設けた。品質試験では、新たにPC非動作時に40センチの高さから26方向で落下する多面落下試験を追加している。PC動作時で72センチ(底面/右側面/左側面)の落下試験や、150kgfの平面加圧試験、キーボード面の200cc防滴試験は引き継がれている。液晶ディスプレイには耐摩耗性の高いハードコーティングを施している。放熱設計や静音設計も改善され、パームレストが発熱しにくくなり、動作音は低負荷時で10.5dB(A)、高負荷時で5.8dB(A)、DVD再生時で12.8dB(A)低減した。

 本体サイズは276.7(幅)×216(奥行き)×25.2〜27.2(高さ)ミリ、重量は約1198グラム。バッテリーについては大容量のリチウムイオンバッテリーを標準装備し、駆動時間は約12時間をうたう。別売のバッテリーパックSの駆動時間は約5.5時間だ。

直販モデルは豊富なメニューを用意

 ソニースタイル直販のVAIOオーナーメードモデルでは仕様を柔軟に選択できる。カラーは店頭モデルのブラックに加えて、プレミアムカーボンとシルバーを用意。CPUはCore 2 Duo SU9400(1.4GHz)やCeleron 723(1.2GHz)、メインメモリは最大4Gバイト(2Gバイト×2)を選べる。データストレージは256GバイトSSD(128GバイトSSD×2/RAID 0)や128GバイトSSD(64GバイトSSD×2/RAID 0)、64GバイトSSD、320Gバイトの2.5インチHDD、160Gバイトの1.8インチHDDなど豊富なメニューがあり、2.5インチHDDはDVDスーパーマルチドライブを搭載しない場合に選択可能だ。直販モデルの最軽量構成は約898グラム、最もバッテリー駆動時間が長くなる構成では約13時間駆動となる。

 また、2月9日から順次発売される予定の法人向けモデルでは、vPro対応モデルやWindows XP Professionalのダウングレード代行インストールサービスも提供されている。

tm_0901typeg3n03.jpgtm_0901typeg3n04.jpgtm_0901typeg3n05.jpg 直販モデルでは、プレミアムカーボンとシルバーのカラーも選べる。シルバーを選択すると、液晶ディスプレイ周囲のカラーもシルバーになる

 VAIO type Gの製品レビュー記事はこちら

VAIO type G店頭モデルの概要(その1)
シリーズ名 モデル名 タイプ 従来比較 CPU メモリ HDD OS 実売
VAIO type G VGN-G3KANB 2スピンドル フルモデルチェンジ Core 2 Duo SU9300(1.2GHz) 2048MB 120GB Business(SP1) 20万円前後
VAIO type G店頭モデルの概要(その2)
シリーズ名 モデル名 液晶 解像度 チップセット 光学ドライブ GPU TV機能 重量
VAIO type G VGN-G3KANB 12.1型 1024×768 Intel GS45 2層対応DVDスーパーマルチ チップセット内蔵 約1.198キロ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.