ニュース
» 2009年02月05日 16時54分 UPDATE

G DATA、スキャンをさらに高速化した「G DATA インターネットセキュリティ 2009」

ジャングルは、独G DATA製となる統合セキュリティソフト「G DATA インターネットセキュリティ 2009」の取り扱いを発表した。

[ITmedia]
photo G DATA インターネットセキュリティ 2009 1年版/1台用

 ジャングルは2月5日、独G DATA製となる統合セキュリティソフト「G DATA インターネットセキュリティ 2009」の取り扱いを発表、2月19日より発売する。価格はいずれもオープン。同社直販「ジャングルストアー」販売価格は、「G DATA インターネットセキュリティ 2009 1年版/1台用」が3961円、「同 1年版/3台用」が4256円、「同 1年版/3台用 USBメモリ版」が4731円、「同 3年版/3台用」が9350円、「G DATA インターネットセキュリティ プラス 2009 1年版/3台用」が5933円だ(いずれも税込み)。

 G DATA インターネットセキュリティ 2009は、ダブルスキャンエンジン搭載のセキュリティソフト「G DATA インターネットセキュリティ」シリーズの最新版。新たにマルチコア環境に対応したほか、変化していないファイルをスキップすることで2回目以降のスキャンを高速化する「フィンガープリンティング」を搭載、前バージョン比で最大5倍の高速スキャンを実現している。

 搭載機能は、ウイルス対策のほか迷惑メール防止/不正アクセス防止/個人情報保護/有害サイト対策機能を装備。オンラインゲームの通信を妨げずセキュリティチェックを行える「オートパイロット」機能も備えた。また、上位機能版の「G DATA インターネットセキュリティ プラス」は、PC最適化機能やデータバックアップ機能なども利用できる。対応OSはWindows XP(SP2以降)/Vista。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう