ニュース
» 2009年02月06日 12時38分 UPDATE

CFD、Jetway製のAMD790GX搭載microATXマザー「MA3-79GDG COMBO」など3製品

CFD販売は、Jetway製となるSocket AM2+対応microATXマザー「MA3-79GDG COMBO」など3製品の取り扱いを発表した。

[ITmedia]

 CFD販売は2月5日、Jetway製となるSocket AM2+対応microATXマザー「MA3-79GDG COMBO」、およびDFI製のIntel X58チップセット採用microATXマザー「LP JR X58-T3H6」/ATXマザー「LP DK X58-T3eH6」の計3製品の取り扱いを発表、今週末より出荷を開始する。価格はオープン、予想実売価格はMA3-79GDG COMBOが9980円、LP JR X58-T3H6が2万9800円、LP DK X58-T3eH6が3万800円(いずれも税込み)。

photophotophoto MA3-79GDG COMBO(左)、LP JR X58-T3H6(中)、LP DK X58-T3eH6(右)

 MA3-79GDG COMBOは、チップセットとしてAMD 790GX+SB750を採用したSocket AM2+対応microATXマザーボードで、メモリスロットはDDR2×2、DDR3×2を装備。Socket AM3の対応もうたわれており、AM2+利用時はDDR2を、AM3利用時はDDR2/DDR3の排他利用を行うことが可能だ。

 グラフィックス用のLFB(ローカルフレームバッファ)は128Mバイト搭載。出力インタフェースはアナログD-Sub/DVI/HDMIを装備する。拡張スロットはPCI Express 2.0 x16×2、PCI Express x1×1、PCI×1を利用できる。


 LP JR X58-T3H6およびLP DK X58-T3eH6は、ともにIntel X58+ICH10Rチップセットを採用したmicroATX/ATXマザーボード。双方ともメモリスロットはDDR3×6を装備しており、最大24Gバイトまで搭載可能となっている。

 拡張スロットは、LP JR X58-T3H6がPCI Express 2.0 x16×2、PCI Express x1×1、PCI×1を装備。LP DK X58-T3eH6はPCI Express 2.0 x16×3、PCI Express x1×1、PCI×2で、SLI/CrossFireXにも対応した。

関連キーワード

マザーボード | CFD販売 | AMD | DDR3 | Intel X58 Express | CrossFire | DVI | HDMI | SLI


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう