ニュース
» 2009年02月12日 17時17分 UPDATE

Seagate製HDD搭載PC用のファームウェア更新ソフトが各社より提供開始

Seagate製HDDに起因するHDDトラブルについての告知がNEC/富士通/ソニーよりアナウンスされた。

[ITmedia]

 このほど、Seagate製HDDの一部製品に起因するHDDトラブルを修正するファームウェア更新用アップデータ提供のアナウンスが各社より行われた。

 NECは、“2008年9月から2009年1月に出荷したデスクトップパソコン「VALUESTAR」シリーズの一部”に影響がある”としており、2月18日より対象製品を所持する顧客にファームウェア更新用のCD-ROMを無料にて送付する。対象となる機種/型番の確認方法はこちらを参照のこと。


 富士通は、2008年6月以降に販売を開始したFMV-DESKPOWERシリーズおよびFMV-TEOシリーズが対象と発表。専用Webページからのダウンロード、およびCD-ROM送付にて対応を行う。対象となる機種/型番の確認方法はこちらを参照のこと。


 ソニーは、2008年5月以降発売モデル/2009年1月発売モデルのVAIO(ともにVAIOオーナーメードモデルを含む)の一部でトラブルの可能性があると告知。対処法に付いては現時点では検討中としており、案内の目処が立ち次第告知を行う予定だ。該当製品の詳細などはこちらを参照のこと。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.