ニュース
» 2009年02月18日 16時08分 UPDATE

アイ・オー、3系統入力装備/16:9比パネル搭載の23.6型ワイド液晶「LCD-MF242X」

アイ・オー・データ機器は、1920×1080ドット表示に対応する23.6型ワイド液晶ディスプレイ「LCD-MF242X」を発表した。

[ITmedia]
photo LCD-MF242XWR

 アイ・オー・データ機器は2月18日、1920×1080ドット表示に対応する23.6型ワイド液晶ディスプレイ「LCD-MF242X」を発表、4月下旬より発売する。ホワイトモデルの「LCD-MF242XWR」とブラックモデルの「LCD-MF242XBR」の2カラーバリエーションを用意、価格はオープン。同社直販価格は3万2800円だ(税込み)。

 LCD-MF242Xは、アスペクト比16:9となる1920×1080ドット表示対応の23.6型ワイド液晶ディスプレイ。入力インタフェースはDVI(HDCP対応)/HDMI/アナログD-Subの3系統を装備しており、I/P変換回路も搭載。表示モードは全画面表示/アスペクト比固定拡大/ドット・バイ・ドット表示に対応している。

 表示スペックは、応答速度5ms(オーバードライブON時で2ms)、輝度300カンデラ/平方メートル、コントラスト比1000:1(DCR ON時で1万:1)。出力1.5ワット×2のステレオスピーカーを内蔵、本体サイズは555(幅)×170(奥行き)×401(高さ)ミリ、重量は4.8キロ(スタンド含む)。

関連キーワード

ディスプレイ | コントラスト | DVI | HDCP | HDMI


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう