ニュース
» 2009年02月19日 12時09分 UPDATE

日本HP、低ランニングコストを実現した企業向けA4カラーレーザー複合機「CM3530 MFP」

日本ヒューレット・パッカードは、ビジネス用途向きのA4カラーレーザー複合機「CM3530 MFP」シリーズ2機種を発表した。

[ITmedia]
photo HP Color LaserJet CM3530fs MFP

 日本ヒューレット・パッカードは2月19日、ビジネス用途向きのA4カラーレーザー複合機「CM3530 MFP」シリーズ2機種を発表、本日より販売を開始する。価格は、FAX/ステープラー機能搭載モデルの「HP Color LaserJet CM3530fs MFP」が41万7900円、FAX機能が別売オプションとなる「HP Color LaserJet CM3530 MFP」が35万4900円(双方税込み)。

 CM3530 MFPシリーズは、3〜10人規模の小規模部署を想定したA4カラーレーザー複合機。モノクロ時で2.24円/枚、カラー時で13.7円/枚となる低ランニングコストが特徴で、プリント速度は30枚/分。印刷解像度は3600dpi相当だ。

 Webベースの管理ソフト「HP Web Jetadmin」を備えており、オフィス内プリンタの稼働状況などのステータス管理を一元管理することができる。また、使用アプリケーションに応じてカラー印刷を制限できる「HPカラー・アクセス・コントロール(CAC)」を搭載、必要性の低いカラー印刷を抑えることで、印刷コストの削減も可能となっている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう