ニュース
» 2009年02月25日 10時56分 UPDATE

レノボ、デュアル液晶内蔵の高機能モバイルワークステーション「ThinkPad W700ds」

レノボ・ジャパンは、デュアル液晶ディスプレイを標準搭載したモバイルワークステーション「ThinkPad W700ds」を発表した。

[ITmedia]
photo ThinkPad W700ds

 レノボ・ジャパンは2月25日、デュアル液晶ディスプレイを標準搭載したモバイルワークステーション「ThinkPad W700ds」を発表、受注を開始した。カスタマイズに対応、同社直販での標準構成価格は58万860円(キャンペーン適用後価格/税込み)。

 ThinkPad W700dsは、同社製の最上位モバイルワークステーション「ThinkPad W700」のバリエーションモデルで、ディスプレイとしてメインのWUXGA(1920×1200ドット)表示対応17型ワイド液晶×1に加え、右側にWXGA+(768×1280ドット)表示対応の10.6型ワイド液晶を装備。モバイルWSとしては初のデュアルディスプレイ内蔵を実現している。

 標準構成時のスペックは、CPUがCore 2 Duo T9400(2.53GHz)、メモリがDDR3 1Gバイト、HDDが250Gバイトを装備、OSはWindows Vista Business。さらにカスタマイズにより、Core 2 ExtremeやセカンドHDD/SSDの搭載、BDドライブなども任意に追加可能だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう